アイフルの増額申し込みに成功しました

かれこれ2年ほどアイフルを利用しています。今回は初めて増額の申込みをしました。会社自体は最初に取引をした時と変わらないのですが、資格手当が付いたり役職が付いたりとで結構収入が増えたんですよね。そこで、もしかしたら増額審査に通るかもしれないと思ってチャレンジしてみました。

結論から言うと、成功です。少しではあるのですが、枠を増やして頂くことができました。やはり借りられるお金が増えるというのは、自分の社会的な信用だったりアイフルさんからの信用も得られているんだなと思えるので喜びが大きいですね。少し前に転職の話もあったのですが、それも大きな要因になりました。転職活動中にも枠があると安心しますし、しばらくは新規の借り入れは無いでしょうがホッとします。

キャッシングしたいなと思いどこがいいか調べています。

今、気になっているのが楽天銀行カードローンです。銀行のカードローンだから安心感もあるし。

楽天のカードを持っているとその、ランクによって、審査に有利になると書いてありました。私はかなり楽天は利用しているので、いいなって思います。

楽天銀行にも入っていると審査に有利になるのかどうかはわからなかったですが、楽天銀行にも入ってから、ローンの申し込みをしてみようかなぁって思っています。

調べてみたところによると、パートアルバイトでも大丈夫とのこと。年収が200~300万円ぐらいだと、限度額が10万円くらいになってしまうかもしれないけど、それでも作れたらいいなぁって思っています。やっぱり金利の安いところで作りたいですもんね。

キャッシングについての私見

人間である以上、どこかかしかでお金を借りなければならない時はあるとは思います。でも、その借金という行為がキャッシングという横文字でいかにも簡単にできてしまうような錯覚を受けてしまいます。これは大きな危険をはらんでいます。貸す側は(銀行であってもノンバンクであろうとも)取り立てに対しては「返済させるノウハウ」とでもいうべきものを持っているからこそ貸すんです。本当に困っている人いお金なんて貸しません。返せる保証みたいな何らかの方法があるからこそ貸すんです。皆さん気を付けてください。あくまで借金なんです。キャッシングは借金じゃないなんて思ったらそれは大きな間違いです。手軽に借りれますが、そのあとに返さなければならないという義務がついて回るんです。

皆さん気を付けてください。

主婦の方のキャッシングでの借り入れについて

主婦の方にとって上手に家計をやりくりするのはとても重要な役割ですが、限られた予算の中でそれを行うのはなかなかに大変なことです。ときには予算の範囲内で家計をやり繰りすることができずに生活費が不足してしまうこともあるはずです。そのようなときに不足してしまった生活費を工面する方法として思い浮かぶのが消費者金融のキャッシングですが、パートなどに出ていない主婦の方の場合、本人の収入がないということになるので残念ながら消費者金融のキャッシングは利用することはできません。

総量規制の対象に消費者金融のキャッシングはなっているからです。ただし、どうしてもお金を借りたいというときには銀行カードローンを利用するという手立てがあります。銀行カードローンならば総量規制対象外となっており、本人に収入がなくても借入審査に通過できる可能性があるからです。

レイクALSAについて

レイクALSAは、レイクが改名され新しくなった名前になります。レイクALSAでは、スマホをお持ちの方ならレイク公式アプリを使って簡単に申し込みが行えます。書類の提出もカメラを使って書類の写真を撮り、それらをアプリ内から簡単に提出することができます。レイクALSAでは、2つの無利息のサービスを選ぶことができます。

一つは、30日間無利息になるサービス、もう一つは借り入れの金額が5万円以下で180日間無利息になるサービスです。レイクの公式アプリは、e-アルサと呼ばれています。このe-アルサを利用すれば、全国のセブン銀行ならキャッシュカードがなくてもお金の取引を行うことができます。レイクALSAの返済方法は、たくさんあるのであなたにとって都合の良い方法が見つけられることでしょう。

キャッシングの返済の負担を軽くするには可能な限り早急な返済を心がけよう

担保や保証人要らずですぐにお金を借りられるキャッシングのサービスは消費者にとっていざというときに頼りになる便利なサービスです。ただし、担保や保証人要らずでお金を借りられるキャッシングではその金利が高いというのが一般的な認識となっています。そのため、キャッシングで借り入れた金額によっては毎月かなりの金額を利息として支払わなくてはならず、人によっては月々のキャッシングの返済がひどく負担に感じてしまうこともあります。

ただし、キャッシングを利用した際の利息の負担を軽減させる方法がないわけではありません。キャッシングの場合、その利息の計算は日割りで行われるのでリボルビング払いに頼らずに早急な返済を心掛けていけば発生する利息の金額も減ることになるので、それだけキャッシングの返済の負担を軽くすることができるようになります。

キャッシングにおける本人確認をする道具とは

キャッシングにおける本人確認というのは必須であり、それができないとそもそも貸すことができないと言っても過言ではなく、自分が誰であるのか、という証明はまさに必須になっているといえるでしょう。その本人確認のための書類や道具なのですが例えば運転免許証がありますし、あるいはパスポートなどでも良いです。

社員証というのも大丈夫な時もあるのですがそこまで信用度が高いわけではありませんので注意しておきましょう。やはり一番良いのは顔写真が付いている運転免許証ということになりますからキャッシングサービスを受けようと申し込みをする時には必ず持っていくようにしましょう。運転免許証を持っていないのであれば健康保険証などでも良いです。

ネットで便利に利用できるプロミスのカードローン

最近ではインターネットが普及したこともあり、ネット上で申し込みから借入、返済まで行えるカードローンが増えてきました。中でもプロミスはカードレスのカードローンができると評価が高いです。

カードレスのメリットとしては、まずカード発行まで待つ必要がなく利用できるため申し込みをしてから融資を受けるまで非常に短い時間でキャッシングできます。

またWEBで手続きをすることで郵送物が自宅に送られてきたりなどの心配もありません。利用明細などはホームページ上でチェックできます。

更に振込による融資になるので現金を引き出しにいく必要もありません。普段使う口座を指定しておくことで非常に便利にキャッシングすることができます。

消費者金融より安心?銀行カードローンの3つの特徴

キャッシングをする時はアコムやプロミスなど消費者金融を利用する人が多いですが、世間的にイメージが良くないので銀行カードローンを利用する人もいます。大手銀行、地方銀行、ネット銀行などがカードローンのサービスを提供していますが、実際にどのような特徴があるのか見ていく事にしましょう。

・最高金利が低く設定されている

消費者金融は最高金利が18%から20%で設定されているので高金利と言われています。しかし銀行カードローンは最高金利が15%以下で設定されている事が多いので低金利と言われています。最高金利が低いと返済総額も少なくなるので銀行カードローンを利用すると返済する時の負担が軽減されます。

・収入証明書の提出条件が良い

消費者金融は借入希望額が50万円以上だと収入証明書を提出しなければいけません。しかし銀行カードローンは借入希望額が100万円以上になると収入証明書の提出を求められます。また銀行によっては200万円以上になっている事もあるので収入証明書の提出条件が良いのも特徴になります。

・即日融資を受けられない事が多い

最近では銀行カードローンの融資スピードも早くなっていると言われていますが、審査が即日回答される銀行はまだ少ないです。銀行カードローンは即日融資を受けられない事が多いのも特徴なので申し込む時は注意しましょう。

三井住友銀行カードローンでお金を借りる時の2つの注意点

三井住友銀行カードローンは上限金利が14.5%と低金利で限度額も最大800万円までとなっているので好条件でお金を借りる事が出来ます。しかも大手銀行のカードローンなので経営面でも安定していてお金を借りている時に倒産してしまう心配もほとんどなくて安心です。しかし利用する時に注意点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで三井住友銀行カードローンでお金を借りる時にどのような点に注意すればいいのか見ていく事にしましょう。

・無利息サービスがない

新生銀行カードローンレイクなどは初めて利用する時に無利息サービスが適用されてサービス期間中は無利息でお金を借りる事が出来ます。しかし三井住友銀行カードローンは無利息サービスがないので初めて利用する時でも初回借入時から金利が発生して利息が加算されていきます。低金利で設定されていますが、借入期間が長くなると加算される利息も多くなるので注意しましょう。

・他行への振込でお金を借りる事が出来ない

三井住友銀行カードローンは三井住友銀行の口座を持っていないと振込キャッシングのサービスを利用する事が出来ません。それで三井住友銀行以外の口座を持っている人は借入方法が提携ATMになるので注意しましょう。