無利息のカードローンはどれがいいでしょうか

消費者金融のカードローンを利用したいけれど、利息が高いのが気になるという人もいます。今では消費者金融の利息もかなり低くなり、上限は20パーセントですが、17パーセント程度で借りられる業者も増えています。しかしそうであっても、できればなるべく利息を払わずに済ませたいということもあります。

そのような時に便利なのが、無利息で利用できるカードローンです。一部の銀行、あるいは大手の消費者金融などで行われているもので、一定の期間中は無利息で利用することができます。ただし契約したらすぐ借入れないと、無利息期間がどんどん短くなって行ってしまいますので、その点には注意しましょう。

それから無利息期間の長さによっても、お得感は違って来ます。この場合、やはり期間が長いほど利息の節約効果は大きくなります。また借入れや返済を、銀行振込みなどにしていると手数料がかかってしまい、あまり効果を実感できないこともありますので、この点にも気をつけましょう。

それからごく短い期間だけ利用したい、たとえば今日とりあえず借りて、3日後の給料日にすべて返済したいという時には、1週間だけ利用できるカードローンもあります。このタイプは繰り返し利用でき、1週間以内に完済すれば無利息ですので、利用方法によってはとても便利です。

1日あたりの利息という考え方の落とし穴!

銀行や消費者金融のカードローンまたはフリーローンを契約する場合、適用される金利や将来的に発生すら利息を気にします。誰もが借り入れした金額より高い金額を返済するのは避けたいものです。
最近は、返済額や金利の一例を商品説明に記載したり、返済シミュレーションが出来るなど返済に困らないようにするため、サポートが充実しています。

しかしながら、1日あたりの利息という考えは、高い金利であるのにも関わらず、安いと錯覚してしまうリスクがあります。
また、毎月約定返済日に口座から引き落としとなる場合、1日あたりではなく、30日ないしは31日分の利息が自動的に発生してしまい、結果として高い利息を返済してしまいます。
カードローンを契約する際に重要なことは、1日あたりの利息ということに固執せず、1ヶ月あたりどれだけ発生するのか考えることがおすすめです。

高い金利設定と感じさせないよう、安い金額を見せることは注目先を変える意図が感じられます。
人は、都合の良い方向に考えるケースがあるため、申し込みの際は小さな疑問も流さず、疑いの目でチェックすることがおすすめです。
1日あたり数十円だから安心だろうという考え方は、将来的な無駄ばかり増やしてしまいます。

専業主婦が内緒でカードローンを利用するには?

専業主婦の方だって、子育ての合間にホッと一息つきたいと思ったり、日頃家事を頑張っている自分へのご褒美を与えたいと考えることがあるでしょう。へそくりがたんまりあれば問題ないのですが、誰でもそういうわけにはいきません。そこでご主人に内緒でカードを契約し、羽目を外す専業主婦の方が増えているのです。本当にご主人に内緒でカードローンは契約できるのでしょうか?

まず収入のない専業主婦の方がお金を借りられるのは、銀行カードローンと配偶者貸付を行う消費者金融です。まず配偶者貸付を行う消費者は、配偶者の同意書や婚姻関係を証明する書類を提出する必要があるので、内緒で借りることは不可能です。それに大手消費者金融では、配偶者貸付を行うところはないので除外します。

つまり配偶者に内緒で契約できるのは、銀行カードローンのみとなります。銀行カードローンは、配偶者貸付と異なり配偶者の同意は必要ありません。もちろん配偶者に安定した収入があることが条件となりますが、配偶者の働く職場へ在籍確認の電話を行う金融機関はないので安心してください。

また多くの旦那さんは奥さんの日常生活にそれほど関心はないでしょう。自宅にローンカードや契約書が届いても、奥さん本人が受け取ればばれる可能性はほとんどないです。あとはローンカードの保管と毎月の返済をきちんとしていれば、ばれる可能性はほとんどありません。

キャッシングの利息計算方法は元金基準日に注意

キャッシング契約を行っている人の中には、消費者金融だけでなく銀行カードローンや信販会社が行っているカードローンを利用している人もいるでしょう。
最もキャッシングで注意しなければならないのは、信販会社が行っているカードローンです。
なぜなら、利息計算時に使用される元金は、締め日時点の元金が適用されるので、信販会社のカードローンでは締め日と返済日に数週間のズレが発生しやすいからです。

消費者金融のカードローンは、随時返済を行なった分について即日反映されることが一般的です。
しかし、信販会社のカードローンでは、随時返済の入金を行なっても処理されるのが次回返済日というケースが多く、消費者金融ならば返済後の元金に対して利息計算がされるにも関わらず、信販会社は随時返済が保留されているために元金が多いまま利息計算がされてしまうリスクがあります。

キャッシングの利息計算は元金に対して日割り計算されるので、そもそもの元金が返済したにも関わらず減額されていなければ本来支払う必要が無い利息まで返済しなければならなくなってしまうでしょう。
キャッシングの利息計算方法が具体的にどのような規定となっているのか、必ずカードローン契約を行なう前に確認する必要があります。

急な出費にとても便利なカードローン

カードローンとはその名の通り、『カードを使ってお金を借りる』『返済する』サービスです。

銀行、クレジット・信販会社、消費者金融がそのサービスを行っております。

様々なカードローン会社がありますが、今回僕がお勧めするのは、『銀行カードローン』そして給料受取口座にしている銀行をお勧めします。

理由は、銀行には頻繁に出入りをするため安心して申し込める、金利が低い、返済が便利にしやすいなどが挙げられます。返済については後程述べます。

カードローンの利用に不慣れな方は、消費者金融などへの申込みは、いくら現在『Webで完結』が定着しているといっても多少の不安はあるかと思います。

その点銀行は、預金や預金の引き出し・給料振込口座・各種公共料金引き落とし口座など、様々な利用で出入りしていると思います。

銀行カードローンでも『Webで完結』できます。

そして、消費者金融に比べ金利が低いです。

それからカードローンの利用にあたって、家族にバレたくないという方がほとんどだと思います。

消費者金融から郵便物が届くのと、銀行から郵便物が届くのでは、奥さん(旦那さん)に封筒を見られた時の顔色は、消費者金融の場合のほうが、はるかに変わると思います。

消費者金融によっては、カードレスといってカード無しでの利用により、郵便物一切なしという会社もありますが、気持ち的に銀行からの借入れのほうが楽だと思います。

次は返済についてです。返済方法ですが上に示したとおり、僕は給料受取口座を持つ銀行からの借入れをお勧めしました。そして返済方法はその口座からの引落しをお勧めします。さらに給料日から近い日に返済日を設定できるならそれをお勧めします。うっかり忘れたということのないようにです。銀行振込やATM払いもありますが、忘れてしまうことの一番少ない口座引落しがいいと思います。

次は審査についてです。

借入れには審査というものがつきものです。銀行、クレジット・信販、消費者金融はそれぞれの信用情報機関に加盟しており、お互いに借入状況、返済状況、申込履歴、金融事故(債務整理や自己破産など)の情報を交換し合っています。延滞には充分きをつけてください。

そしてその情報機関には、携帯電話の支払い状況も載ります。携帯電話料金の支払いも遅れないように気をつけましょう。

まとめ

銀行は、地域に密着しており馴染みも深く、金利も低いです。大手銀行も地方銀行も金利は変わりません。どうしても急な出費が必要な時はあると思います。そんな時には是非『銀行カードローン』をお勧めします。

銀行カードローンをおまとめローンの代わりに使う

複数の消費者金融から借入れがある状態ならば、おまとめローンを一度は検討したことがあるでしょう。
おまとめローンへ借り換えることにより、返済日を一本化出来るだけでなく、金額次第では利息を引き下げることも可能です。
多くの消費者金融は、利息制限法で定められている法定金利上限ギリギリで貸付を行っているので、複数の借入れ合計額が100万円以上ならば、年18%ではなく年15%の法定金利におまとめローンを利用して100万円以上の利用限度額設定が得られれば可能となります。

年3%の金利差は、100万円の借入れを行っている人ならば年3万円も支払う利息に差が出ます。
しかし、貸金業法に基づくおまとめローンを利用すると、消費者金融業界の自主ルールにより、追加借入れが完済まで禁止されてしまうので、返済と同時に貯蓄をしなければ少しのトラブルで生活基盤が崩れかねません。

そこで注目されている方法として、銀行カードローンをおまとめローンの代わりとして使う方法があります。
銀行カードローンならば、既に借入れを行っている消費者金融全てを賄えるほどの利用限度額が設定されなくても、ある程度借り換えることで低金利な借り換えが可能です。
更に突発的に追加借入れが必要になった時には、カードローンの標準的な利用方法として、利用限度額の範囲内までは好きに借入れが可能です。

銀行と消費者金融のキャッシングはどのような点が違うのでしょうか

キャッシングができる金融機関は、銀行または消費者金融のいずれかになります。どちらでキャッシングをした方がいいのかは、その人の収入、あるいは正社員かアルバイトかによっても違って来ます。安定した収入があって、正社員の場合は銀行をお勧めします。

これは公務員の場合も同じです。銀行は審査基準が厳しいので、安定収入があり、正規雇用の人の方が通りやすいからです。その代わり銀行の金利は低く、最高で13パーセント程度です。銀行と比較すると、消費者金融は金利は高めで、上限が20パーセントです。

その代わり、審査基準が緩いため、アルバイトなどの非正規雇用の人でも、審査に通りやすくなっています。また消費者金融の場合は総量規制があり、年収の3分の1に当たる金額が上限になります。これは消費者金融すべてに適用されますので、たとえばA社とB社で年収の3分の1近くの金額を借りている場合、C社への新規の申込みができにくくなります。

銀行は総量規制はありませんので、上限額を気にする必要はありませんが、他からのキャッシングの件数があまり多い時は、やはり新規に申込むことができなくなることもありますので、注意しておきましょう。そして専業主婦が配偶者の名義でキャッシングを申込む時は、配偶者の同意が必要になりますので、内緒で借りる時は銀行を利用しましょう。

アコムのキャッシング審査と利用について

お盆の金融機関が止まった時期、まとまったお金が必要になった。
どうしてもお金を引き出さないといけないときにATMが動かない。その時、アコムに助けてもらった。
アコムの審査は事前にインターネットで身分証明を行う。窓口、無人契約機でも登録できるが、前もってやっておくと審査の時間が短縮できる。

審査を終わらせ、無人契約機へ向かった。
そこではオペレーターの指示を仰ぎ、30分ほどで上限額の設定、カードの発行を行ってもらう。登録をして30分ほどでお金を引き出せた。

金利についても、登録後30日については発生しない。急な用事だったため、このときは本当に助かった。

後日、借りた分を無金利で返済した。借りるまでが短時間で、急な時でも対応してもらえると言うのはなかなかに便利だと思った。

とにかく低金利でお金を借りるなら

現在銀行カードローンの融資限度額の最高は1200万円です。しかし一般人には100万円もあれば十分で、実際カードローン利用者の大半が10万円までの借入となっています。一般的に100万円までの金利は消費者金融で年18%、銀行カードローンで年15%弱となっています。そこで100万円まで借入でオススメのカードローンを紹介します。それがりそな銀行カードローンのクイックカードローンです。

クイックカードローンの基本スペックは、融資限度額が30万円~200万円の6コース、金利が年9~12.475%となっています。さらに当行口座を給与振込み口座として利用されている方は、さらに年0.5%も金利が割り引かれます。ネット銀行でもこれほど低金利のカードローンは少なく、なるべく低金利でお金を借りたい方にピッタリです。

ただしクイックカードローンに申込めるのは、当行口座をお持ちの方です。ですからお持ちでなければ同時に口座を作成しなければなりません。しかも同時に申込めるのは30万円のコースのみで、残りの5コースは口座開設の後でなければ申込めないのです。即日に口座を開設できるのは店舗窓口のみで、ネット申込なら2週間ほどかかる場合もあります。

審査は最短2時間で回答をもらえますが、利用開始できるのはカードが郵送されてからです。すでにキャッシュカードをお持ちの方はローンカードとして使えますが、利用開始の案内が来るのが4,5日後なので即日融資は不可能です。

このようにりそな銀行のクイックカードローンはお急ぎの方には不向きですが、とにかく低金利でお金を借りたい方にピッタリのカードローンです。

モビットでカードレスで契約するのが便利

一般的にキャッシングの契約後、実際にATM等でキャッシング会社から現金を受け取るためには、そのATM等で使用するためのキャッシング用のカードが必要となります。

このキャッシング用のカードを受領するためには無人契約機で受領するか、郵送で受領するしかありません。つまり、審査が無事に終わり、契約が済んだとしても、カードがないと現金を借りることは出来ないのです。無人契約機は数多くあるのが実態といえど、申込者からすると少し不便な場所にある場合もあります。しかし郵送受け取りでは時間が掛かってしまうので利用するメリットは少ないです。

そんな時に便利なのが、モビットのキャッシング契約です。モビットは、三菱東京UFJ銀行もしくは三井住友銀行の口座がある場合に限りますが、カードレス、つまりカードを受け取らない選択をすることが可能です。カードを受け取る必要がないので、無人契約機にわざわざ訪問する時間のロスを防ぐことが出来ます。カードレスの場合はカードがないことで不安に感じるかもしれませんが、借り入れの金額は自身の口座に振込みされ、返済行為もモビットへ振り込みをすることで完了できるので、カードを持たなくとも十分にキャッシングを利用することが可能です。