キャッシングの本人確認について

金融業者を利用してキャッシングをするためには融資を受けるための手続きをすることになりますが、その際に申込者が本人であるかどうかを確認する本人確認を行うことになります。現在犯罪収益移転防止法などの法律によって、一定の業者が人との取引をする場合、その人の本人確認をすることが義務付けられていますが、キャッシングの手続きをする場合もこれに該当することになります。

そこで銀行や消費者金融などの金融業者が借入の申込をしてきた人の本人確認をする場合、基本的に身分証明書を確認して行うことになります。身分証明書にはその人の住所、氏名、生年月日など本人を特定することができる事項が記載されているので、これを見せてもらうことによって本人確認をすることができます。

そして本人確認をするための身分証明書として一番適したものといえば運転免許証があげられます。現在ほとんどの人が自動車を運転する時代になっているので、運転免許証を持っている人がほとんどです。運転免許証には住所、氏名、生年月日の他のその人の顔写真も載っているので、より精度の高い本人確認をすることができます。

しかしキャッシングを利用する人の中には運転免許証を持っていない人もいます。このような人は他の身分証明書を用意することになるのですが、基本的には各種保険証で対応することができます。ただ保険証には顔写真が掲載されていないので、運転免許証に比べると本人確認の精度が落ちてしまいます。

そのため住民基本台帳カードやパスポートなど顔写真が掲載されている書類を身分証明書として提示すると金融業者側としてもありがたく感じます。