キャッシングの利息はいつから発生するの?

キャッシングを検討する人が気になるのは、「利子の考え方」ではないでしょうか。もちろん借金をするのですから利子が発生する、というのはもちろんのことですが、消費者金融、という言葉に対していいイメージを持っていない場合、例えば「契約しただけで法外な利息を請求される」とイメージしてる人は多いのではないでしょうか。

キャッシングを申込む際にはまず一番はじめに借入限度額を決めます。借入限度額とは、あなたは最大何万円まで借りれますよ、という取り決めです。

この借入限度額は、申込者本人の情報によって決まります。例えば人によっては、申し込んだ金額よりも上回った限度額を提示されることがあるのです。

この限度額というのは「実際に貴方が借入た金額(手にした現金の額)」とは異なります。そして実際に利息が発生するのは、お金を借り入れて現金を手にしたとき。つまり、限度額が決まっただけでは、利息には影響しません。そして契約をしただけで、実際に何も現金を手にしない場合、利息は発生しないので「借入をする権利」だけが与えられている状態です。

キャッシングの広告でよく申込だけでもしておくと便利!とうたっているのは、契約だけしておいて、いざというときに使えるようにしておくとよい、ということです。契約しているだけでは利息は発生しませんからね。