キャッシングにおける本人確認をする道具とは

キャッシングにおける本人確認というのは必須であり、それができないとそもそも貸すことができないと言っても過言ではなく、自分が誰であるのか、という証明はまさに必須になっているといえるでしょう。その本人確認のための書類や道具なのですが例えば運転免許証がありますし、あるいはパスポートなどでも良いです。

社員証というのも大丈夫な時もあるのですがそこまで信用度が高いわけではありませんので注意しておきましょう。やはり一番良いのは顔写真が付いている運転免許証ということになりますからキャッシングサービスを受けようと申し込みをする時には必ず持っていくようにしましょう。運転免許証を持っていないのであれば健康保険証などでも良いです。

ネットで便利に利用できるプロミスのカードローン

最近ではインターネットが普及したこともあり、ネット上で申し込みから借入、返済まで行えるカードローンが増えてきました。中でもプロミスはカードレスのカードローンができると評価が高いです。

カードレスのメリットとしては、まずカード発行まで待つ必要がなく利用できるため申し込みをしてから融資を受けるまで非常に短い時間でキャッシングできます。

またWEBで手続きをすることで郵送物が自宅に送られてきたりなどの心配もありません。利用明細などはホームページ上でチェックできます。

更に振込による融資になるので現金を引き出しにいく必要もありません。普段使う口座を指定しておくことで非常に便利にキャッシングすることができます。

消費者金融より安心?銀行カードローンの3つの特徴

キャッシングをする時はアコムやプロミスなど消費者金融を利用する人が多いですが、世間的にイメージが良くないので銀行カードローンを利用する人もいます。大手銀行、地方銀行、ネット銀行などがカードローンのサービスを提供していますが、実際にどのような特徴があるのか見ていく事にしましょう。

・最高金利が低く設定されている

消費者金融は最高金利が18%から20%で設定されているので高金利と言われています。しかし銀行カードローンは最高金利が15%以下で設定されている事が多いので低金利と言われています。最高金利が低いと返済総額も少なくなるので銀行カードローンを利用すると返済する時の負担が軽減されます。

・収入証明書の提出条件が良い

消費者金融は借入希望額が50万円以上だと収入証明書を提出しなければいけません。しかし銀行カードローンは借入希望額が100万円以上になると収入証明書の提出を求められます。また銀行によっては200万円以上になっている事もあるので収入証明書の提出条件が良いのも特徴になります。

・即日融資を受けられない事が多い

最近では銀行カードローンの融資スピードも早くなっていると言われていますが、審査が即日回答される銀行はまだ少ないです。銀行カードローンは即日融資を受けられない事が多いのも特徴なので申し込む時は注意しましょう。

三井住友銀行カードローンでお金を借りる時の2つの注意点

三井住友銀行カードローンは上限金利が14.5%と低金利で限度額も最大800万円までとなっているので好条件でお金を借りる事が出来ます。しかも大手銀行のカードローンなので経営面でも安定していてお金を借りている時に倒産してしまう心配もほとんどなくて安心です。しかし利用する時に注意点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで三井住友銀行カードローンでお金を借りる時にどのような点に注意すればいいのか見ていく事にしましょう。

・無利息サービスがない

新生銀行カードローンレイクなどは初めて利用する時に無利息サービスが適用されてサービス期間中は無利息でお金を借りる事が出来ます。しかし三井住友銀行カードローンは無利息サービスがないので初めて利用する時でも初回借入時から金利が発生して利息が加算されていきます。低金利で設定されていますが、借入期間が長くなると加算される利息も多くなるので注意しましょう。

・他行への振込でお金を借りる事が出来ない

三井住友銀行カードローンは三井住友銀行の口座を持っていないと振込キャッシングのサービスを利用する事が出来ません。それで三井住友銀行以外の口座を持っている人は借入方法が提携ATMになるので注意しましょう。

即日キャッシングご希望の方にはこちらがおすすめ?

今日明日にどうしても、急にお金が必要になった

そんな時に何処から借りればいいのかわからない

または凄く悩んでいる!

でしたら、自分がそんな時にすぐにお金が借りたいと思うのであれば

即日でお金が借りれるカードローンでも特にアコムとかプロミスであれば、スピード審査で即日お金が借りれるので

キャッシングしたいと思ったら、女性でしたらプロミスレディースや男性であれば、プロミスの無人契約機などでお金を借りると良いと思いました。

どちらにしても即日借入対応しているので、お金が借りたいと思った時にすぐに申し込みしてお金が借りれるので

土日などでも、自動契約機であれば、カード発行可能ですので、すぐにお金が借りたい人には消費者金融のキャッシング

特に女性専用キャッシングまたは自動契約機のキャッシングなどはおすすめだったりするでしょう。

キャッシングをする時の限度額の設定について

キャッシングをする時に限度額の設定を確認してから利用する業者を選ぶ人も多いでしょう。

キャッシングをする時の限度額は業者によって異なりますが、実際にどのぐらいに設定されているのか見ていく事にしましょう。

大手銀行のカードローンは限度額が最大で800万円から1000万円で設定されているので多額の借り入れをする事も可能です。

大手の消費者金融は限度額が最大で500万円から800万円で設定されているので大手銀行のカードローンと同様に多額の借り入れをする事も可能です。

収入によって審査で限度額が設定されるので誰でも多額の借り入れをする事が出来るとは限りません。

カードローンの限度額は基本的に自分の収入に適した金額が設定されると考えておくようにしましょう。

パートやアルバイトでの収入!毎月変動するなら希望限度額は低めに!

銀行や大手消費者金融のカードローンは、本人に安定した収入があれば、パートやアルバイトでも契約が可能です。

しかし、収入条件は安定というだけでなく、継続という条件もあります。確かに一定の勤務先で収入があれば、安定して収入があることになります。

しかし、安定の意味としては、毎月の収入において変動無く、継続して得られるものともなります。

パートやアルバイトの場合、固定給ではなく、シフト制により変動してしまうことがあり得ます。

例え、年間の収入だとしてもどこかに偏りもあるため、申し込みの際は確実に収入の範囲内で返済できる額に留めるのがポイントです。

希望限度額を高くしてしまうと、それだけで審査が通過出来ないこともあるため、収入が変動し易い場合は注意が必要です。

楽天ローンとキャッシングを併用する

ネット銀行である楽天銀行では、個人向けの融資サービスとして、楽天ローンを展開しています。楽天ローンは銀行カードローンですので、キャッシングで総量規制による総限度額が上限に達している場合でも、審査を通過すれば、利用出来る可能性があります。その他の用途でも、楽天ローンとキャッシングを併用する事で、融資されたお金を幅広く活用していく事が出来ます。

楽天ローンは、キャッシングとは違って、楽天銀行が運営していますので、楽天銀行で口座を作っておけば、スムーズに融資されたお金の受け取りや借りたお金の返済をしていく環境が整います。楽天銀行の利息の実質年率は、1.9%から14.5%となっていますので、キャッシングよりも低い利息で借りられるのもメリットです。

比較的少額のお金を借りたいなら手続きの簡単なキャッシングを

お小遣い程度のお金が今すぐにでも必要でどこからか借りなくてはならないというときには消費者金融のキャッシングがベストです。なぜならば、消費者金融のキャッシングの場合、手続きが簡単でお金を借りられるまでの所要時間がとても短くて済むからです。

消費者金融のキャッシングでは原則として当日中での借り入れが可能という点がウリとなっているので、今すぐにでもお金を借りたいという人にはまさにうってつけのサービスと言えるでしょう。ただし、消費者金融のキャッシングの場合、金利が高いこともありある程度のまとまった金額を借りるとなると利息の負担が重くなってしまいます。

そのため、消費者金融のキャッシングはあくまでもお小遣い程度のお金を借りるためのサービスと割り切っておいた方がいいかもしれません。

大手の消費者金融でプロミスがオススメと感じる人が多い2つの理由

大手の消費者金融の中で特にオススメなのはと質問するとほとんどの人がプロミスと答えます。プロミスは三井住友フィナンシャルグループの傘下に入っているので大手銀行と連携している安心感がありますが、実際にどのような点をオススメだと感じるのか理由を挙げていく事にしましょう。

・最短1時間でお金を借りる事が出来る

消費者金融は審査が即日回答されるのでほとんどの業者が即日融資を受ける事が可能です。しかしプロミスは融資スピードを重視しているので審査回答は最短30分という早さです。それで審査が可決されて契約手続きが完了すると融資可能になるので申し込みをしてから最短1時間でお金を借りる事が出来ます。

・振込キャッシングが最短10秒

ここ数年でネットキャッシングをする事が出来るようになってきているので借入方法は振込キャッシングを利用する事が多いです。振込キャッシングは融資の依頼をして指定の口座に振り込んでもらう方法ですが、業者によって振り込まれるまでの時間が異なります。そこでプロミスは三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を指定すれば最短10秒で振込をしてもらえます。早くお金を借りたい人はプロミスの振込キャッシングを利用すると大きなメリットになります。