三井住友銀行カードローンでお金を借りる時の2つの注意点

三井住友銀行カードローンは上限金利が14.5%と低金利で限度額も最大800万円までとなっているので好条件でお金を借りる事が出来ます。しかも大手銀行のカードローンなので経営面でも安定していてお金を借りている時に倒産してしまう心配もほとんどなくて安心です。しかし利用する時に注意点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで三井住友銀行カードローンでお金を借りる時にどのような点に注意すればいいのか見ていく事にしましょう。

・無利息サービスがない

新生銀行カードローンレイクなどは初めて利用する時に無利息サービスが適用されてサービス期間中は無利息でお金を借りる事が出来ます。しかし三井住友銀行カードローンは無利息サービスがないので初めて利用する時でも初回借入時から金利が発生して利息が加算されていきます。低金利で設定されていますが、借入期間が長くなると加算される利息も多くなるので注意しましょう。

・他行への振込でお金を借りる事が出来ない

三井住友銀行カードローンは三井住友銀行の口座を持っていないと振込キャッシングのサービスを利用する事が出来ません。それで三井住友銀行以外の口座を持っている人は借入方法が提携ATMになるので注意しましょう。

楽天ローンとキャッシングを併用する

ネット銀行である楽天銀行では、個人向けの融資サービスとして、楽天ローンを展開しています。楽天ローンは銀行カードローンですので、キャッシングで総量規制による総限度額が上限に達している場合でも、審査を通過すれば、利用出来る可能性があります。その他の用途でも、楽天ローンとキャッシングを併用する事で、融資されたお金を幅広く活用していく事が出来ます。

楽天ローンは、キャッシングとは違って、楽天銀行が運営していますので、楽天銀行で口座を作っておけば、スムーズに融資されたお金の受け取りや借りたお金の返済をしていく環境が整います。楽天銀行の利息の実質年率は、1.9%から14.5%となっていますので、キャッシングよりも低い利息で借りられるのもメリットです。

比較的少額のお金を借りたいなら手続きの簡単なキャッシングを

お小遣い程度のお金が今すぐにでも必要でどこからか借りなくてはならないというときには消費者金融のキャッシングがベストです。なぜならば、消費者金融のキャッシングの場合、手続きが簡単でお金を借りられるまでの所要時間がとても短くて済むからです。

消費者金融のキャッシングでは原則として当日中での借り入れが可能という点がウリとなっているので、今すぐにでもお金を借りたいという人にはまさにうってつけのサービスと言えるでしょう。ただし、消費者金融のキャッシングの場合、金利が高いこともありある程度のまとまった金額を借りるとなると利息の負担が重くなってしまいます。

そのため、消費者金融のキャッシングはあくまでもお小遣い程度のお金を借りるためのサービスと割り切っておいた方がいいかもしれません。

大手の消費者金融でプロミスがオススメと感じる人が多い2つの理由

大手の消費者金融の中で特にオススメなのはと質問するとほとんどの人がプロミスと答えます。プロミスは三井住友フィナンシャルグループの傘下に入っているので大手銀行と連携している安心感がありますが、実際にどのような点をオススメだと感じるのか理由を挙げていく事にしましょう。

・最短1時間でお金を借りる事が出来る

消費者金融は審査が即日回答されるのでほとんどの業者が即日融資を受ける事が可能です。しかしプロミスは融資スピードを重視しているので審査回答は最短30分という早さです。それで審査が可決されて契約手続きが完了すると融資可能になるので申し込みをしてから最短1時間でお金を借りる事が出来ます。

・振込キャッシングが最短10秒

ここ数年でネットキャッシングをする事が出来るようになってきているので借入方法は振込キャッシングを利用する事が多いです。振込キャッシングは融資の依頼をして指定の口座に振り込んでもらう方法ですが、業者によって振り込まれるまでの時間が異なります。そこでプロミスは三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を指定すれば最短10秒で振込をしてもらえます。早くお金を借りたい人はプロミスの振込キャッシングを利用すると大きなメリットになります。

楽天銀行スーパーローンの審査の可決基準は?

カードローンを利用する時は審査が可決されなければいけません。それでネットキャッシングをする事が出来ると評判になっている楽天銀行スーパーローンも審査が可決される必要がありますが、どのような基準があるのか分からない人も少なくないでしょう。そこで楽天銀行スーパーローンの審査の可決基準を見ていく事にしましょう。

・年収が120万円以上

楽天銀行スーパーローンの審査では月々に約10万円の収入を得ていれば返済能力があると判断されます。それで年収が120万円以上が審査の可決基準となっています。しかし年収120万円以上を得ていても一時的に収入が多くなって後は無収入という場合は返済能力に疑問が出てきてしまうので審査に落ちてしまう事もあります。

・他社借入件数が4件未満で他社借入金額が年収の60%以下

楽天銀行スーパーローンの審査では年収120万円以上でも他社からの借り入れがあると不安を感じてしまいます。それで審査の可決基準は他社借入件数が4件未満で他社借入金額が年収の60%以下になっています。該当していないと審査に落ちてしまうので注意が必要です。

楽天銀行スーパーローンの審査の可決基準はこのようになっているので申し込みをする前にしっかり確認しておきましょう。

プロミスのレディースキャッシングの特徴

プロミスでは来店不要。最短即日融資に対応したフリーキャッシングというキャッシングサービスが有名ですが、フリーキャッシング以外にも多数の魅力的なサービスを展開しています。そのうちの一つがレディースキャッシングというサービスであり、初めてキャッシングサービスの利用をしようとしている女性でも利用しやすい商品となっています。プロミスのレディースキャッシングの特徴等について見ていきましょう。

・女性スタッフ対応のフリーダイヤルがある

レディースキャッシングの一番の特徴が、女性スタッフが相談や申込手続きの応対をしてくれるフリーダイヤルが利用できるという点になります。同じ女性同士ということで気軽に相談できるのが嬉しいですよね。

・初めての利用であれば一定期間無利息でキャッシングできる

プロミスの利用が初めての人がフリーキャッシングの契約をし、eメールアドレスを登録してウェブ明細利用をすることで、30日間無利息キャッシングができるサービスが有りますが、実はレディースキャッシングも同等の条件を満たして契約をすることで、30日間無利息でのキャッシングが可能となっています。

短期間の借り入れが絶対的にお得となるのが嬉しいですね。

キャッシングの比較について

最近ではキャッシングしている様々な機関があり、実際にお金を借りる時に迷う事も決して少なくは無いです。

それはやはりそれぞれの機関で制度が全く異なっているので、そこをしっかりと理解しなければいけないためです。

そこで行うべき行動としては出来る限り自分自身に合っている所を探して、キャッシングをする事です。

それはやはり全く合っていない所にお金を借りたとしても上手くいかず、返す事が出来なくなる可能性があるからです。

よって前もってキャッシングをしている機関を細かくまで調べて、数多くの情報を集めると良いです。

そうすれば本当にキャッシングをする際にも冷静な判断力を発揮する事が可能になってきて、何が起きたとしても安心です。

キャッシングの本人確認で多くの利用者が心配する点

キャッシングその物は後ろめたい物でも無いでしょうが、やはり他人に知られたく無い方は多いでしょう。

そこで気になるのは審査時の本人確認ですよね。

本人確認とは個人情報、つまり運転免許証とか最低限の証明書が必要になる訳です。

そして忘れてはならないのが在籍確認になりますが、勤務状況はキャッシング業者にとって重要な審査要素なのです。

もちろん貯蓄額も大事ですしが、莫大な貯蓄を持っていても無職なら審査通過は難しいです。

会社員の方ですと、在籍企業に業者から電話をかかって来ます。

この時には業者名を語る事はまず無いですが、理由は名前を言わなくても確認は可能なためです。

どの企業にも様々な電話が日夜かかって来ますし、名前を語らない電話があったとしても気にも留められないからですね。

本人確認においてあまり心配する事は少ないでしょう。

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの2つのオススメポイント

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは大手銀行のカードローンなので他のカードローンより知名度が高くて利用しやすいです。また利用するとメリットになる点もあるのでカードローンを利用する時は三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックを選ぶ人が多いです。そこで三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックのオススメポイントを挙げていく事にしましょう。

・即日融資に対応してくれる

銀行カードローンは消費者金融に比べて審査が厳しいと言われていて回答されるまでに数日かかる事が多いです。それで即日融資を希望している人は不都合になってしまう事が多いです。しかし三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは店内に設置されているテレビ窓口でカードローンの申込手続きをすると審査が即日回答されます。それで審査が可決された後にキャッシングカードが発行されるので即日融資に対応してくれます。

・提携ATMを利用する時に手数料が無料

キャッシングをする時に自社ATMを利用すると手数料が無料になる事が多いですが、コンビニに設置されている提携ATMを利用すると手数料がかかってしまいます。1回利用するごとに手数料が発生してしまうので自社ATMを利用してお金を借りるようにしている人が多いです。しかし三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは提携ATMを利用する時も手数料が無料になります。コンビニに行って手数料が無料で手軽にお金を借りる事が出来るのもオススメポイントになります。

銀行カードローンは今年中に契約しておくのもアリ!

銀行カードローンは審査が厳しいというのが一般的でした。しかし現在カードローンの競争が激化しており、また審査を大手消費者金融が肩代わりしていることあり、審査難易度は確実に低下しています。現にメガバンクのカードローンでも、年収200万円以下のフリーターの方でも審査に通ったという口コミが多いです。

このように審査の甘めの銀行カードローンは、金利を見ればある程度分かります。逆に言えぱ、上限金利が年10%を切るような銀行カードローンの審査は今でも非常に厳しい傾向にあります。年収500万円程度は必要で、おまとめローン以外は他社の借り入れが多いと審査に通るのは難しいでしょう。

しかし銀行カードローンは貸し過ぎているという批判を浴びて、今後審査が厳しくなる可能性が高いです。来年からは即日融資も禁止になると発表されており、特に専業主婦やパートの主婦など属性が低めの方は今年中に契約だけ済ませておくのもアリです。

別に契約してもお金を絶対に借りなければならないということもありません。来年急にお金が必要になって慌てて申し込んでも、審査に通らなかったり融資までに時間がかかったりと、上手く契約できない可能性が高いです。