モビットでカードレスで契約するのが便利

一般的にキャッシングの契約後、実際にATM等でキャッシング会社から現金を受け取るためには、そのATM等で使用するためのキャッシング用のカードが必要となります。

このキャッシング用のカードを受領するためには無人契約機で受領するか、郵送で受領するしかありません。つまり、審査が無事に終わり、契約が済んだとしても、カードがないと現金を借りることは出来ないのです。無人契約機は数多くあるのが実態といえど、申込者からすると少し不便な場所にある場合もあります。しかし郵送受け取りでは時間が掛かってしまうので利用するメリットは少ないです。

そんな時に便利なのが、モビットのキャッシング契約です。モビットは、三菱東京UFJ銀行もしくは三井住友銀行の口座がある場合に限りますが、カードレス、つまりカードを受け取らない選択をすることが可能です。カードを受け取る必要がないので、無人契約機にわざわざ訪問する時間のロスを防ぐことが出来ます。カードレスの場合はカードがないことで不安に感じるかもしれませんが、借り入れの金額は自身の口座に振込みされ、返済行為もモビットへ振り込みをすることで完了できるので、カードを持たなくとも十分にキャッシングを利用することが可能です。

大手の消費者金融で行われる在籍確認の注意点

大手の消費者金融は20歳以上で安定した収入がある事が利用条件になっているので該当していれば雇用形態に関わらず利用する事が出来ます。しかし大手の消費者金融は審査の時に在籍確認を行うので準備しておく必要があります。そこで大手の消費者金融で行われる在籍確認の注意点を確認していきましょう。

・派遣が利用する時は派遣会社に電話がかかってくる

大手の消費者金融の在籍確認の方法は基本的に勤務先に電話をかけて在籍確認をします。正社員やアルバイトは勤務先に電話がかかってきますが、派遣は所属しているのが勤務先ではなく派遣会社なので電話も派遣会社にかかってきます。派遣が大手の消費者金融を利用する時は在籍確認の電話が派遣会社にかかってくる事をしっかり頭に入れておきましょう。

・土日祝日に即日融資を受ける時は業者に相談した方がいい

大手の消費者金融は土日祝日でも申し込む事が出来ますが、勤務先が休みなので在籍確認の電話をかけても誰も出ません。それにより在籍確認が出来ないので即日融資を受ける事が出来ません。土日祝日に即日融資を受ける時は在籍確認の方法を業者に相談して違う方法でしてもらう必要があります。

大手の消費者金融で行われる在籍確認の注意点はこのようにあるのでしっかり頭に入れておきましょう。

大手消費者金融4社の金利と利用限度額比較

大手消費者金融として多くの人に利用されている便利なフリーローンサービスを提供している会社がアイフルを・アコム・プロミス・モビットの4大消費者金融となります。各社の代表的なフリーローンの金利と利用限度額にはどのような特徴があるのかなどについて見ていきましょう。

・アイフルのキャッシングローン

金利は年4.5%?18.0%で、利用限度額は最高で500万円までとなっています。

・アコムのカードローン

金利は年3.0%?18.0%で、利用限度額は最高で800万円までとなっています。

・プロミスのフリーキャッシング

金利は年4.5%?17.8%で、利用限度額は最高で500万円までとなっています。

・モビットのキャッシング

金利は年3.0%?18.0%で、利用限度額は最高で800万までとなっています。

こうしてみてみると、最低金利と利用限度額の高さはアコムとモビットに優位性があり、最高金利はプロミスに優位性があることがわかります。

またアイフル・アコムプロミスでは初めて利用者を対象として、30日間無利息でキャッシングができるサービスを実施していますし、モビットはweb完結申込で契約することで会社への在籍確認の電話をなくして契約ができるという特徴があります。

各社の違いをよく理解して、適切なキャッシングをしたいですね。

銀行カードローンはいつ保証会社に代位弁済されるの

銀行カードローンを滞納すると、保証会社が代わりに支払ってくれるのはご存知かと思います。この事を、代位弁済に移ると言います。では具体的に、この代位弁済に移るのは、延滞してすぐなのか、ある程度時間が経ってなのか、どのタイミングか答えられますでしょうか。銀行カードローンの代位弁済に移るタイミングについて解説します。

・基本は異動情報として記録されてから

代位弁済に移るタイミングは、基本的には規定信用情報機関に異動情報が記録されてから、つまり延滞から61日もしくは3ヶ月以上経ってからとされています。延滞してすぐ代位弁済に移る所はごく稀の様です。

・1ヶ月以内で移られた情報も

カードローンの説明サイトには、延滞してもすぐ移ることは無いよと断定的に書かれてますが、この情報は間違いです。カードローン規定には、延滞したらすぐに代位弁済しても文句は言えないと書かれていますので、業者によっては1ヶ月以内で代位弁済に移る所もあります。

代位弁済に移られると良く無いことばかり起こりますので、延滞しない事を基本にして下さい。

消費者金融の自動契約機で申込手続きをするメリット

消費者金融にキャッシングの申し込みをする時はスマホの普及によりネットで申し込むのが主流になりつつありますが、自動契約機も設置台数が多いので人気の申込方法となっています。全国各地の駅前や国道沿いに設置されている事が多いので手軽に申し込む事が出来ます。また自動契約機で申込手続きをするメリットもあるので見ていく事にしましょう。

・他の人に顔を合わさないで手続きが出来る

自動契約機は個室ブースのようになっているので入室して契約機を操作しながら手続きを進めていきます。不明点があった時は電話でオペレーターが教えてくれるので一人でも困る事はありません。周囲の視線を気にしないで手続きをする事が出来るのはメリットと言えるでしょう。

・融資可能になるまでの時間が早い

自動契約機は自動化されているので申し込みから契約完了までの手続きがすごく早いのも特徴です。契約が完了するとその場でキャッシングカードが発行されるのですぐお金を借りたい時にはメリットになります。

・自宅に郵送物が送られてこない

自動契約機で申込手続きを行うと契約完了後にキャッシングカードが発行されるので自宅に送られてくる事がありません。また書類などの郵送物もないので家族にバレる事もありません。

プロミスの特徴とその魅力

カードローンには様々なものがあり、特に消費者金融系のカードローンは審査時間が短かったりアルバイトでも場合によっては利用ができるということで、非常に多くの人に人気があります。その中でも知名度が高いカードローンであるプロミスについて知りたいとお考えになっている方は少なくないのではないでしょうか。これからプロミスの特徴とその魅力について解説をしていきたいと思いますので、興味がある方は参考になさってください。

プロミスは大手銀行系グループのカードローンであり、信頼度は非常に高いと言えるでしょう。初めてカードローンを利用したいけれど不安もあるという方にはおすすめできます。また利息が消費者金融系カードローンの中でもトップクラスに安いというのも特徴の一つであり、そして魅力でもあると言えるのではないでしょうか。限度額も高いので、高額の借り入れをしたいと思っている人でもきっと満足できると思います。またプロミスはバランスがいいので、誰が使っても使いやすいと言えるのではないでしょうか。

このプロミスに関する特徴と魅力の数々が、多くのカードローンに興味がある方々にとって参考になってくださればと思います。どうぞお役立てください。