銀行カードローンは今年中に契約しておくのもアリ!

銀行カードローンは審査が厳しいというのが一般的でした。しかし現在カードローンの競争が激化しており、また審査を大手消費者金融が肩代わりしていることあり、審査難易度は確実に低下しています。現にメガバンクのカードローンでも、年収200万円以下のフリーターの方でも審査に通ったという口コミが多いです。

このように審査の甘めの銀行カードローンは、金利を見ればある程度分かります。逆に言えぱ、上限金利が年10%を切るような銀行カードローンの審査は今でも非常に厳しい傾向にあります。年収500万円程度は必要で、おまとめローン以外は他社の借り入れが多いと審査に通るのは難しいでしょう。

しかし銀行カードローンは貸し過ぎているという批判を浴びて、今後審査が厳しくなる可能性が高いです。来年からは即日融資も禁止になると発表されており、特に専業主婦やパートの主婦など属性が低めの方は今年中に契約だけ済ませておくのもアリです。

別に契約してもお金を絶対に借りなければならないということもありません。来年急にお金が必要になって慌てて申し込んでも、審査に通らなかったり融資までに時間がかかったりと、上手く契約できない可能性が高いです。

静岡銀行カードローンセレカの2つの注意点

静岡銀行カードローンセレカは地方銀行のカードローンですが、大手銀行のカードローンと同じぐらいの低金利でお金を借りる事が出来ます。それにスマホで申込手続きをする事が出来るので来店不要でしかも地域制限がありません。地方銀行のカードローンの中でも評判が良い静岡銀行カードローンセレカですが、注意したい点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。

そこで静岡銀行カードローンセレカの注意点を確認していきましょう。

カードローンの返済方法が口座からの引き落とし、ATM、銀行振込など複数あるのが基本で自分の都合の良い方法を選択する事が出来ます。しかし静岡銀行カードローンセレカは返済方法が静岡銀行口座からの引き落としのみとなっています。口座からの引き落とし以外の返済方法で返済する事を考えている人は不都合になってしまいます。

静岡銀行カードローンセレカは限度額が最大で500万円までとなっていますが、アルバイトや派遣は収入が少ないので返済能力を考えて限度額は最大で50万円までとなっています。アルバイトや派遣は多額の借り入れをする事が出来ないので注意が必要です。

消費者金融から医療費を借り入れするのは得策では無い!

銀行や消費者金融のキャッシング契約は、利用目的が原則自由つまり事業性資金以外に利用することが可能です。急に入院することになり、収入が減ってしまうケースがあり、医療費を確保することも出来ます。消費者金融のキャッシング契約の場合、医療費であれば総量規制の除外と例外に該当し、年収の1/3まで借り入れすることも可能です。

ですが、消費者金融から医療費を借り入れしたとしても、適用金利自体は高利となるため、その後の生活を圧迫することになります。

そもそも、現在では高額医療費制度や高額医療費貸付制度、そして各健康保険を利用することで得られる傷病手当金があり、実質的には負担が大きく軽減されることになります。

特に高額医療費制度は、後々支払った分が還付されることになり、高額医療費貸付制度は無利息になり、支給額の8割が無利息になります。

そのため、銀行や消費者金融から金利14%以上で借り入れするメリットは無いと言えます。

ですが、これらの社会保障制度を利用する場合、申請から支給・貸付までに期間を要するため、一時的につなぎの融資が必要になることもあります。ですが、医療保険や生命保険を利用することで、医療費を調達することも可能です。この場合、退院後および支払が行われた後に給付になると考えますが、長期に亘り入院する場合、途中で請求することも可能です。

結果として、消費者金融から借り入れは短時間で契約出来るものの、後々のことを考えれば無駄が多いことになります。もし、利用するのであれば、無利息サービス期間中の利用に留めるのがおすすめです。

専業主婦がキャッシングするなら

家計の足しに少しだけ借り入れしたいという場合には、銀行系のキャッシングがおすすめです。

個人がお金を借りるとなると、キャッシングやカードローンが一般的ですが、法律が改正されたため、専業主婦が利用できるローンは限定されています。

2010年に、貸金業法に総量規制が導入されたことで、個人の借り入れ可能額が年収の3分の1までに制限されることになりました。

そのため、収入のない専業主婦は、大手の消費者金融で申し込みを断られるようになってしまいました。

ただこの総量規制は、貸金業法に適用され、銀行には適用されませんから、銀行系のカードローンであれば専業主婦でも申し込むことができます。

配偶者に安定した収入があれば、専業主婦でも申し込むことができますし、消費者金融のローンに比べて金利も低いところが多いので、まずは銀行のローンを検討してみることをおすすめします。

一方、毎月パートで安定した収入がある主婦であれば、消費者金融・銀行関係なく申し込むことができます。

ただ、キャッシングには必ず審査があり、過去5年間にクレジットカードやローン、公共料金の支払いを滞納したことがあったり、他社からの借り入れが4件以上あるといったような場合には、審査で不利になってしまいます。

1日あたりの利息という考え方の落とし穴!

銀行や消費者金融のカードローンまたはフリーローンを契約する場合、適用される金利や将来的に発生すら利息を気にします。誰もが借り入れした金額より高い金額を返済するのは避けたいものです。
最近は、返済額や金利の一例を商品説明に記載したり、返済シミュレーションが出来るなど返済に困らないようにするため、サポートが充実しています。

しかしながら、1日あたりの利息という考えは、高い金利であるのにも関わらず、安いと錯覚してしまうリスクがあります。
また、毎月約定返済日に口座から引き落としとなる場合、1日あたりではなく、30日ないしは31日分の利息が自動的に発生してしまい、結果として高い利息を返済してしまいます。
カードローンを契約する際に重要なことは、1日あたりの利息ということに固執せず、1ヶ月あたりどれだけ発生するのか考えることがおすすめです。

高い金利設定と感じさせないよう、安い金額を見せることは注目先を変える意図が感じられます。
人は、都合の良い方向に考えるケースがあるため、申し込みの際は小さな疑問も流さず、疑いの目でチェックすることがおすすめです。
1日あたり数十円だから安心だろうという考え方は、将来的な無駄ばかり増やしてしまいます。

キャッシングの利息計算方法は元金基準日に注意

キャッシング契約を行っている人の中には、消費者金融だけでなく銀行カードローンや信販会社が行っているカードローンを利用している人もいるでしょう。
最もキャッシングで注意しなければならないのは、信販会社が行っているカードローンです。
なぜなら、利息計算時に使用される元金は、締め日時点の元金が適用されるので、信販会社のカードローンでは締め日と返済日に数週間のズレが発生しやすいからです。

消費者金融のカードローンは、随時返済を行なった分について即日反映されることが一般的です。
しかし、信販会社のカードローンでは、随時返済の入金を行なっても処理されるのが次回返済日というケースが多く、消費者金融ならば返済後の元金に対して利息計算がされるにも関わらず、信販会社は随時返済が保留されているために元金が多いまま利息計算がされてしまうリスクがあります。

キャッシングの利息計算は元金に対して日割り計算されるので、そもそもの元金が返済したにも関わらず減額されていなければ本来支払う必要が無い利息まで返済しなければならなくなってしまうでしょう。
キャッシングの利息計算方法が具体的にどのような規定となっているのか、必ずカードローン契約を行なう前に確認する必要があります。

急な出費にとても便利なカードローン

カードローンとはその名の通り、『カードを使ってお金を借りる』『返済する』サービスです。

銀行、クレジット・信販会社、消費者金融がそのサービスを行っております。

様々なカードローン会社がありますが、今回僕がお勧めするのは、『銀行カードローン』そして給料受取口座にしている銀行をお勧めします。

理由は、銀行には頻繁に出入りをするため安心して申し込める、金利が低い、返済が便利にしやすいなどが挙げられます。返済については後程述べます。

カードローンの利用に不慣れな方は、消費者金融などへの申込みは、いくら現在『Webで完結』が定着しているといっても多少の不安はあるかと思います。

その点銀行は、預金や預金の引き出し・給料振込口座・各種公共料金引き落とし口座など、様々な利用で出入りしていると思います。

銀行カードローンでも『Webで完結』できます。

そして、消費者金融に比べ金利が低いです。

それからカードローンの利用にあたって、家族にバレたくないという方がほとんどだと思います。

消費者金融から郵便物が届くのと、銀行から郵便物が届くのでは、奥さん(旦那さん)に封筒を見られた時の顔色は、消費者金融の場合のほうが、はるかに変わると思います。

消費者金融によっては、カードレスといってカード無しでの利用により、郵便物一切なしという会社もありますが、気持ち的に銀行からの借入れのほうが楽だと思います。

次は返済についてです。返済方法ですが上に示したとおり、僕は給料受取口座を持つ銀行からの借入れをお勧めしました。そして返済方法はその口座からの引落しをお勧めします。さらに給料日から近い日に返済日を設定できるならそれをお勧めします。うっかり忘れたということのないようにです。銀行振込やATM払いもありますが、忘れてしまうことの一番少ない口座引落しがいいと思います。

次は審査についてです。

借入れには審査というものがつきものです。銀行、クレジット・信販、消費者金融はそれぞれの信用情報機関に加盟しており、お互いに借入状況、返済状況、申込履歴、金融事故(債務整理や自己破産など)の情報を交換し合っています。延滞には充分きをつけてください。

そしてその情報機関には、携帯電話の支払い状況も載ります。携帯電話料金の支払いも遅れないように気をつけましょう。

まとめ

銀行は、地域に密着しており馴染みも深く、金利も低いです。大手銀行も地方銀行も金利は変わりません。どうしても急な出費が必要な時はあると思います。そんな時には是非『銀行カードローン』をお勧めします。

銀行カードローンをおまとめローンの代わりに使う

複数の消費者金融から借入れがある状態ならば、おまとめローンを一度は検討したことがあるでしょう。
おまとめローンへ借り換えることにより、返済日を一本化出来るだけでなく、金額次第では利息を引き下げることも可能です。
多くの消費者金融は、利息制限法で定められている法定金利上限ギリギリで貸付を行っているので、複数の借入れ合計額が100万円以上ならば、年18%ではなく年15%の法定金利におまとめローンを利用して100万円以上の利用限度額設定が得られれば可能となります。

年3%の金利差は、100万円の借入れを行っている人ならば年3万円も支払う利息に差が出ます。
しかし、貸金業法に基づくおまとめローンを利用すると、消費者金融業界の自主ルールにより、追加借入れが完済まで禁止されてしまうので、返済と同時に貯蓄をしなければ少しのトラブルで生活基盤が崩れかねません。

そこで注目されている方法として、銀行カードローンをおまとめローンの代わりとして使う方法があります。
銀行カードローンならば、既に借入れを行っている消費者金融全てを賄えるほどの利用限度額が設定されなくても、ある程度借り換えることで低金利な借り換えが可能です。
更に突発的に追加借入れが必要になった時には、カードローンの標準的な利用方法として、利用限度額の範囲内までは好きに借入れが可能です。

銀行と消費者金融のキャッシングはどのような点が違うのでしょうか

キャッシングができる金融機関は、銀行または消費者金融のいずれかになります。どちらでキャッシングをした方がいいのかは、その人の収入、あるいは正社員かアルバイトかによっても違って来ます。安定した収入があって、正社員の場合は銀行をお勧めします。

これは公務員の場合も同じです。銀行は審査基準が厳しいので、安定収入があり、正規雇用の人の方が通りやすいからです。その代わり銀行の金利は低く、最高で13パーセント程度です。銀行と比較すると、消費者金融は金利は高めで、上限が20パーセントです。

その代わり、審査基準が緩いため、アルバイトなどの非正規雇用の人でも、審査に通りやすくなっています。また消費者金融の場合は総量規制があり、年収の3分の1に当たる金額が上限になります。これは消費者金融すべてに適用されますので、たとえばA社とB社で年収の3分の1近くの金額を借りている場合、C社への新規の申込みができにくくなります。

銀行は総量規制はありませんので、上限額を気にする必要はありませんが、他からのキャッシングの件数があまり多い時は、やはり新規に申込むことができなくなることもありますので、注意しておきましょう。そして専業主婦が配偶者の名義でキャッシングを申込む時は、配偶者の同意が必要になりますので、内緒で借りる時は銀行を利用しましょう。

アコムのキャッシング審査と利用について

お盆の金融機関が止まった時期、まとまったお金が必要になった。
どうしてもお金を引き出さないといけないときにATMが動かない。その時、アコムに助けてもらった。
アコムの審査は事前にインターネットで身分証明を行う。窓口、無人契約機でも登録できるが、前もってやっておくと審査の時間が短縮できる。

審査を終わらせ、無人契約機へ向かった。
そこではオペレーターの指示を仰ぎ、30分ほどで上限額の設定、カードの発行を行ってもらう。登録をして30分ほどでお金を引き出せた。

金利についても、登録後30日については発生しない。急な用事だったため、このときは本当に助かった。

後日、借りた分を無金利で返済した。借りるまでが短時間で、急な時でも対応してもらえると言うのはなかなかに便利だと思った。