アコムのキャッシング審査と利用について

お盆の金融機関が止まった時期、まとまったお金が必要になった。
どうしてもお金を引き出さないといけないときにATMが動かない。その時、アコムに助けてもらった。
アコムの審査は事前にインターネットで身分証明を行う。窓口、無人契約機でも登録できるが、前もってやっておくと審査の時間が短縮できる。

審査を終わらせ、無人契約機へ向かった。
そこではオペレーターの指示を仰ぎ、30分ほどで上限額の設定、カードの発行を行ってもらう。登録をして30分ほどでお金を引き出せた。

金利についても、登録後30日については発生しない。急な用事だったため、このときは本当に助かった。

後日、借りた分を無金利で返済した。借りるまでが短時間で、急な時でも対応してもらえると言うのはなかなかに便利だと思った。

主婦がキャッシングを利用するときのコツとは何か?

主婦だってキャッシングを利用したいときはあります。しかし、一般的に主婦は収入が少なく、キャッシングの審査には不利だと見られています。では、どうすれば主婦でもキャッシングを利用することができるのでしょうか。そのコツは何でしょうか。

まず収入がまったくない専業主婦の場合はどうなのでしょうか。結論から言うと、専業主婦がキャッシングを利用するのはかなり厳しいです。なぜでしょうか。それは消費者金融は総量規制というものがあるからです。総量規制とは、年収の3分の1以上のお金を借り入れることができないというものです。つまり、年収がないとお金を借り入れることはできません。とはいえ、方法はあります。それは配偶者の年収を利用するというものです。つまり配偶者貸付という方法です。これなら配偶者の年収でキャッシングを利用することができます。しかし、条件があります。それは配偶者の同意が必要であるということです。

そこで、主婦がキャッシングを利用するコツはパートでもいいので、自分の収入を得ることです。例え金額が少なくても、毎月安定した収入を得ているのであれば、キャッシングを利用できる可能性が高くなります。とはいえ、できるだけ借り入れ金額を小額にするようにしましょう。

キャッシングの本人確認について

金融業者を利用してキャッシングをするためには融資を受けるための手続きをすることになりますが、その際に申込者が本人であるかどうかを確認する本人確認を行うことになります。現在犯罪収益移転防止法などの法律によって、一定の業者が人との取引をする場合、その人の本人確認をすることが義務付けられていますが、キャッシングの手続きをする場合もこれに該当することになります。

そこで銀行や消費者金融などの金融業者が借入の申込をしてきた人の本人確認をする場合、基本的に身分証明書を確認して行うことになります。身分証明書にはその人の住所、氏名、生年月日など本人を特定することができる事項が記載されているので、これを見せてもらうことによって本人確認をすることができます。

そして本人確認をするための身分証明書として一番適したものといえば運転免許証があげられます。現在ほとんどの人が自動車を運転する時代になっているので、運転免許証を持っている人がほとんどです。運転免許証には住所、氏名、生年月日の他のその人の顔写真も載っているので、より精度の高い本人確認をすることができます。

しかしキャッシングを利用する人の中には運転免許証を持っていない人もいます。このような人は他の身分証明書を用意することになるのですが、基本的には各種保険証で対応することができます。ただ保険証には顔写真が掲載されていないので、運転免許証に比べると本人確認の精度が落ちてしまいます。

そのため住民基本台帳カードやパスポートなど顔写真が掲載されている書類を身分証明書として提示すると金融業者側としてもありがたく感じます。

キャッシングサービスの審査と利息の関係

消費者金融のプロミスなら審査時間も短い|最寄り駅近くの無人契約機でキャッシング
http://same-pgh.org/

一般的にキャッシングサービスの優劣は、利息によって決定すると言われています。顧客にとって返済時に上乗せされる金額は、小さければ嬉しいと感じるからです。

返済期日に関してもサービス利用の際に考慮する要素となりますが利息ほど重要ではありません。だから多くの人は利息が小さいキャッシングサービスを使いたいと考えます。しかし全ての人がキャッシングサービスを適切利用しているわけではないのです。

例えば返済期日が迫っても必要なお金を準備出来ない人がいます。何かのトラブルによってお金を準備出来ないケースもありますが、最も多いのは返済する事を重要視していないケースです。返済期日を過ぎてもお金を返せば良いと考えている人も残念ながら存在しています。

返済のルールを軽視する人がいれば、キャッシングサービスの提供主は相応の対応が求められます。だから事前の審査によってキャッシングサービスを利用出来る人を限定しているのです。収入が少ないのに大金を借りようとする潜在的なリスクを持った人は、審査によって除外する事が出来ます。

利息が低いキャッシングサービスが実現しているのは手間を掛けなくても回収出来るからであるため、リスクを感じさせる人は優良なサービスの審査を通る事が出来ません。その代わりに少し利息分の支払いが高いサービスであれば、審査を突破出来る可能性があります。以上の様に審査の難度と利息の高低には大きな関係が存在しているのです。

アルバイトでキャッシングを受けるためには

キャッシングを受けることによって、お金が足りないときに対応することが出来るようになります。

生活費がなくなってしまったときも、キャッシングで借りることが出来ますし、欲しい商品が発売されたときも対応出来ます。キャッシングを受けるためには、通常では普段から収入が必要になります。普段から仕事をして収入があると判断されれば、キャッシングを利用することが出来ます。アルバイトの状態だと、正社員よりも収入が低くなってしまいますので、キャッシングが利用しにくくなってしまいます。

しかし、アルバイトでキャッシングが利用出来ないという訳ではありません。アルバイトでも、毎月収入がしっかりあると判断されればキャッシングを利用することが出来ます。

注意しなければならないのは、多くの消費者金融に申し込みをしないということです。多くの消費者金融に手当たり次第申し込みを行ってしまうと、そのことが信用情報機関に載ってしまい、キャッシングが利用しにくくなります。

アルバイトでもキャッシングを利用する事が出来るのか

キャッシングを利用する事で急な出費に対して対応するという選択や、毎月の生活に余裕を持たせる、万が一の保険として使うなど実際にキャッシングを利用する理由・目的は様々です。
しかし、適切に利用する事で非常に便利に利用できるという点は間違いありません。

そこで、キャッシングを利用したいと考える方向けに簡単な紹介をしたいと思います。

キャッシングを利用する為にはいくつかの条件があります。1つは年齢が20歳以上であること、もう1つは自分自身に安定した収入があることです。
この2つが最低条件なのですが、この条件を満たしてさえいれば基本的には職業や待遇によらずにキャッシングを利用する事が出来ます。

ただし、基本的な条件を満たしていても学生の場合は多少審査通過が難しくなる可能性が高い為、あまり過度な期待をするのは止めておいた方が賢明です。

最も利用の可能性が高いのは正社員で働いている人なのですが、だからと言ってアルバイトやパートでも利用する事はもちろん可能です。
ただ、審査の際に雇用形態による違いで突破率が変わったり、最終的に借り入れできる限度額が変わったりという事はあります。
最も大切な「安定した収入」がその点には大きく関与してくるためです。

アルバイトがキャッシングを利用するうえで注意したいのは「借入可能な金額」です。

基本的には50万円までは無担保・無保証人で契約することは可能ですが、誰もが50万円までの融資を利用できると言う訳ではありません。
人によっては100万円超の限度額になる事もあれば、5万円以下の限度額になってしまうこともあります。その理由は「年収」による違いです。

現在は総量規制の影響などもあり年収に対しての割合で融資限度額が明確に決まる状況が多いです。
年収の1/3までの借り入れが基本となるため、50万円借りるためには年収が最低でも150万円必要になるうという事です。
ただし、少なくとも200万円程度ないと現実的には難しくなりますので、ご自身の年収を考慮して利用計画を立てるようにしてください。

融資商品探しサイトで各社を比較

キャッシングを利用しようとなると、比較が大切です。というのもこの融資商品は、基本的に同時申し込みは禁物です。あまり多くの申込みをしてしまいますと、それだけで審査に落とされてしまう事があるからです。

ですのである程度は金融会社を絞り込んでおく必要があるのですが、その為にはやはり比較をする必要があります。各会社を比較検討してみて、自分に最適な所を選ぶ訳ですね。

ではどのような方法で比較できるかというと、融資商品探しサイトなどは良いのではないでしょう。ネットでこの融資商品に関する情報を調べますと、たまに各金融会社を効率良く探す為のシステムが完備されているサイトを見かける事があります。独自の絞り込み機能が完備されていて、自分に合っている金融会社を探す為のシステムがとても充実しています。

それ以外には、金融会社のホームページ一つ一つにアクセスする方法があります。しかしその方法の場合は、かなりの手間がかかります。また時間なども多く必要になりますね。

それよりは上記のような商品探しサイトを用いる方が、効率良く探せるでしょう。時間と手間が短縮できるという意味で、商品探しサイトがオススメですね。それで各社を比較してみて、自分に最適な所を選んでみると良いでしょう。

総量規制対象外ならまず銀行カードローン

総量規制によって年収の3分の1の額までしか借り入れが出来ないことは、だいぶ認識されるようになりましたが、規制の対象外となるカードローンがあることは、知らない人も意外といます。

総量規制とは貸金業者が対象になる法律で、消費者金融や信販会社がそれにあたります。つまり総量規制の対象外となるのはそれ以外のところで、最近注目されている銀行カードローンが規制外となる代表みたいなものです。

銀行カードローンは総量規制対象外、金利が低い、限度額が高額、大手銀行で信用があると良いこと尽くめに思いますが、消費者金融と比べると審査に通りにくく収入の低い人や安定していない人は断られる可能性が高いです。

総量規制を気にする人は、既にどこかから借り入れのある人だと思うので、銀行カードローンで借りることが出来たらかなり魅力的なことだと思います。

あと主婦の人も収入が低いので総量規制によって、借入額がかなり制限されてしまいます。夫の同意書があれば夫婦の年収で計算されるので気にする必要も無いように思われますが、この制度を利用する人は少ないです。消費者金融側が積極的にこの制度を採用しないからです。

そういうこともあり主婦なら、総量規制対象外の銀行カードローンが一番あっているように思います。ただそうは言っても主婦が銀行カードローンの審査に通るためには夫の年収が鍵となります。

上手く融資を受けたいなら夫婦で相談して計画的に動いたほうが早いです。夫に内緒で借りたい場合に銀行カードローンを選択するのは失敗する確率が高いです。

総量規制対象外のことを知っていれば、賢い融資の受け方が分かる可能性が上がるので、一度じっくり調べてみるのも良いと思います。

 

お金を借りるときにチェックしておくこと

本人確認だけで借りることができるキャッシングは若い世代を中心に人気のあるサービスです。

給料日前のピンチや急な飲み会の参加などお金が必要になることって多いんだと思います。

キャッシングなら本人確認ができて、
定職についている人なら簡単な手続きで借りることができます。

もちろん、高額な借り入れは審査によっては否決されることもあるとは思いますが、
数万円程度の少額なら事故歴がなければほとんど大丈夫だと思います。

ただ、借り入れをする前にきちんとチェックしておくことがあります。

それは、返済についてです。

キャッシング会社でも利用者の属性や収入を審査して融資を行いますが、
借りれる金額と返せる金額は違うということを理解しておく必要があります。

毎月いくらまでなら無理なく返済していけるかどうかをまずは調べることをしてみてください。

借りれるからとか貸してくれるからという理由で借りていると
間違いなく返済できなくなるときが訪れることになります。