無利息のカードローンはどれがいいでしょうか

消費者金融のカードローンを利用したいけれど、利息が高いのが気になるという人もいます。今では消費者金融の利息もかなり低くなり、上限は20パーセントですが、17パーセント程度で借りられる業者も増えています。しかしそうであっても、できればなるべく利息を払わずに済ませたいということもあります。

そのような時に便利なのが、無利息で利用できるカードローンです。一部の銀行、あるいは大手の消費者金融などで行われているもので、一定の期間中は無利息で利用することができます。ただし契約したらすぐ借入れないと、無利息期間がどんどん短くなって行ってしまいますので、その点には注意しましょう。

それから無利息期間の長さによっても、お得感は違って来ます。この場合、やはり期間が長いほど利息の節約効果は大きくなります。また借入れや返済を、銀行振込みなどにしていると手数料がかかってしまい、あまり効果を実感できないこともありますので、この点にも気をつけましょう。

それからごく短い期間だけ利用したい、たとえば今日とりあえず借りて、3日後の給料日にすべて返済したいという時には、1週間だけ利用できるカードローンもあります。このタイプは繰り返し利用でき、1週間以内に完済すれば無利息ですので、利用方法によってはとても便利です。

銀行カードローンをおまとめローンの代わりに使う

複数の消費者金融から借入れがある状態ならば、おまとめローンを一度は検討したことがあるでしょう。
おまとめローンへ借り換えることにより、返済日を一本化出来るだけでなく、金額次第では利息を引き下げることも可能です。
多くの消費者金融は、利息制限法で定められている法定金利上限ギリギリで貸付を行っているので、複数の借入れ合計額が100万円以上ならば、年18%ではなく年15%の法定金利におまとめローンを利用して100万円以上の利用限度額設定が得られれば可能となります。

年3%の金利差は、100万円の借入れを行っている人ならば年3万円も支払う利息に差が出ます。
しかし、貸金業法に基づくおまとめローンを利用すると、消費者金融業界の自主ルールにより、追加借入れが完済まで禁止されてしまうので、返済と同時に貯蓄をしなければ少しのトラブルで生活基盤が崩れかねません。

そこで注目されている方法として、銀行カードローンをおまとめローンの代わりとして使う方法があります。
銀行カードローンならば、既に借入れを行っている消費者金融全てを賄えるほどの利用限度額が設定されなくても、ある程度借り換えることで低金利な借り換えが可能です。
更に突発的に追加借入れが必要になった時には、カードローンの標準的な利用方法として、利用限度額の範囲内までは好きに借入れが可能です。

とにかく低金利でお金を借りるなら

現在銀行カードローンの融資限度額の最高は1200万円です。しかし一般人には100万円もあれば十分で、実際カードローン利用者の大半が10万円までの借入となっています。一般的に100万円までの金利は消費者金融で年18%、銀行カードローンで年15%弱となっています。そこで100万円まで借入でオススメのカードローンを紹介します。それがりそな銀行カードローンのクイックカードローンです。

クイックカードローンの基本スペックは、融資限度額が30万円~200万円の6コース、金利が年9~12.475%となっています。さらに当行口座を給与振込み口座として利用されている方は、さらに年0.5%も金利が割り引かれます。ネット銀行でもこれほど低金利のカードローンは少なく、なるべく低金利でお金を借りたい方にピッタリです。

ただしクイックカードローンに申込めるのは、当行口座をお持ちの方です。ですからお持ちでなければ同時に口座を作成しなければなりません。しかも同時に申込めるのは30万円のコースのみで、残りの5コースは口座開設の後でなければ申込めないのです。即日に口座を開設できるのは店舗窓口のみで、ネット申込なら2週間ほどかかる場合もあります。

審査は最短2時間で回答をもらえますが、利用開始できるのはカードが郵送されてからです。すでにキャッシュカードをお持ちの方はローンカードとして使えますが、利用開始の案内が来るのが4,5日後なので即日融資は不可能です。

このようにりそな銀行のクイックカードローンはお急ぎの方には不向きですが、とにかく低金利でお金を借りたい方にピッタリのカードローンです。

キャッシングの利息はいつから発生するの?

キャッシングを検討する人が気になるのは、「利子の考え方」ではないでしょうか。もちろん借金をするのですから利子が発生する、というのはもちろんのことですが、消費者金融、という言葉に対していいイメージを持っていない場合、例えば「契約しただけで法外な利息を請求される」とイメージしてる人は多いのではないでしょうか。

キャッシングを申込む際にはまず一番はじめに借入限度額を決めます。借入限度額とは、あなたは最大何万円まで借りれますよ、という取り決めです。

この借入限度額は、申込者本人の情報によって決まります。例えば人によっては、申し込んだ金額よりも上回った限度額を提示されることがあるのです。

この限度額というのは「実際に貴方が借入た金額(手にした現金の額)」とは異なります。そして実際に利息が発生するのは、お金を借り入れて現金を手にしたとき。つまり、限度額が決まっただけでは、利息には影響しません。そして契約をしただけで、実際に何も現金を手にしない場合、利息は発生しないので「借入をする権利」だけが与えられている状態です。

キャッシングの広告でよく申込だけでもしておくと便利!とうたっているのは、契約だけしておいて、いざというときに使えるようにしておくとよい、ということです。契約しているだけでは利息は発生しませんからね。

キャッシングの利息負担を軽くする為の効果的な方法

キャッシングの利用における利息負担を軽減するには、少しでも早く少ない返済回数で借りたお金を完済することが効果的です。キャッシングでは、返済期間と返済回数が延びることで負担する利息額が大きくなっていく仕組みになっています。その代わり、短期間で完済することが出来れば比較的少ない利息負担で済むのです。

特に、近年のキャッシング商品の中には無利息期間サービスが利用できる商品がたくさんあります。無利息期間の長さはキャッシング商品によって異なりますが、借り入れのタイミングと返済計画をきちんと見極めて利用すれば、無利息期間中の完済も不可能ではないはずです。

無利息期間中は元金に対する利息が発生しません。仮にキャッシングで5万円の借り入れをしたとすると、無利息期間中であれば返済額も5万円だけで良いのです。少額の借り入れなら、無利息期間中に返済資金を調達し、しっかりと完済することは難しくありません。高額な借り入れをした場合は無利息期間中の完済は難しいかもしれませんが、無利息期間終了後もできるだけ臨時返済を行うように心がけ、短期間で返済を終えるようにしてみましょう。返済期間を短縮するごとに利息負担額も軽減していきますから、キャッシングの返済中は、何よりも返済資金の確保に努めてください。

キャッシング利息を低く抑えるなら銀行系ローン

キャッシングでお金を借りると、そこには利息が発生してきます。

利息というのは、元々借りたお金に付随して現れるお金で金利ともいいます。

もちろん、業者はこの金利で商売をしているのですから、

金利がつかないキャッシングはあり得ません。

しかし、払う側にたってみれば、金利はまったく不必要で、

自分で使えるお金ではないのですから、低いに越した事はないのです。

例えば、10万円をキャッシングして、年利が10%の場合と、

年利が5%の場合では、支払わないといけない金額が、

10%なら、110、000円、5%なら、105、000円と

5千円も違ってきてしまいます。

もし、利息が低い消費者金融を選ぶならば、これは銀行系カードローンを

選択するのが、賢い方法だと言えます。

銀行系のカードローン会社は、本業が消費者金融だけではないので、

そこまで高い利息を利用者から取る必要がないのです。

ただし、貸し金業系のローンに比較すると審査に時間が掛かる傾向がありますので、

そこには、注意しておく必要があります。

ですが、ホンの一時、纏まったお金を借りて直ぐに返済したいというのなら、

銀行系ローンではなくて、貸し金業系のローンをオススメします。

なぜならば、貸し金業系ローンには、30日間無利息サービスがあるからです。

30日間無利息サービスは、言葉通り、キャッシングしても、

30日以内に、全額返済してしまえば、利息は掛からないというサービスです。

これでは、儲けはないのではないか?と心配してしまいますが、

無利息サービスは、金利で儲けようというのではなくカードを造ってもらって、

将来の利用に繋げようという貸し金業系ローンの秘策なのです。

このように、キャッシングの利息を低く抑えようと考えているなら、

銀行系カードローンを活用し、借りても30日以内に返済できる自信があるなら、

貸し金業系のローンで、30日無利息サービスを活用するというのが賢い選択という事になります。

低金利キャッシングとは?

平成22年6月に施行された改正貸金業法によって、
これまで見逃されていたグレーゾーンと呼ばれる金利が撤廃されました。

これによって消費者金融での借入れ金利は大幅に引き下げられることになりました。

つまり高い金利は違法になったわけですが、
どの程度の金利をさしているのかというと50万円以下の借入れでは最大20%となっています。

20%というと結構高いと感じる人もいるとは思いますが、
無担保・無保証人であることと短期間の借入れということを考えるとそれほど高い金利とも言えないかもしれません。

最近の消費者金融では、
優良顧客獲得のために金利の引き下げを随時行っているようです。

ここで、金利についての注意点を紹介したいと思います。

キャッシング業者の金利表示の仕方なのですが、よく○.○%~○.○%と幅のある表示をしています。

金利を比較するときに下限金利で比較すると、
こんなはずではなかったということになりますので注意してください。
金利は上限金利で比較するといいです。

この金利の幅は、貸し出し額の違いによるものです。
貸し出し額が多いほど金利は安くなります。

新規の貸し出しで高額の融資が行われることはほとんどないので、
上限金利が適用されると思ったほうが無難です。

返済を重ねて実績がついてくると、
融資額アップにともなって金利も下がってくるはずです。

さらに最近では即日で融資してくれる業者も増えていました。
ただ申し込みの時間帯によって左右されてしまうので、
その日のうちに借りたいならなるべく早く申し込みをすることをおすすめします。