お金を借りるときにチェックしておくこと

本人確認だけで借りることができるキャッシングは若い世代を中心に人気のあるサービスです。

給料日前のピンチや急な飲み会の参加などお金が必要になることって多いんだと思います。

キャッシングなら本人確認ができて、
定職についている人なら簡単な手続きで借りることができます。

もちろん、高額な借り入れは審査によっては否決されることもあるとは思いますが、
数万円程度の少額なら事故歴がなければほとんど大丈夫だと思います。

ただ、借り入れをする前にきちんとチェックしておくことがあります。

それは、返済についてです。

キャッシング会社でも利用者の属性や収入を審査して融資を行いますが、
借りれる金額と返せる金額は違うということを理解しておく必要があります。

毎月いくらまでなら無理なく返済していけるかどうかをまずは調べることをしてみてください。

借りれるからとか貸してくれるからという理由で借りていると
間違いなく返済できなくなるときが訪れることになります。

夕方までにお金が用意できる方法

急いでお金がいるときって、つまり夕方までには手にしたいということなんでしょうね。
となるとやっぱり業者選びは大切になってきます。

もちろん免許をもって営業しているのは当然ですが、
即日融資に対しても積極的な業者を選ぶ必要があります。

最近では大手の消費者金融であれば、まず即日融資には対応していると思います。

それにわざわざ店舗に出かけていって申込みをする必要がないんです。

普段手にしているスマホから簡単に申込みができてしまいます。

審査は大体30分から1時間くらいで完了してしまうので、
午前中に審査の目処がつけば即日融資は可能だと思います。

また、提携銀行のなかには24時間フルタイムで融資に対応していることもあるです。

そうなるとその日のうちに現金を手にする確率は断然というかめちゃくちゃ高くなります。

お金がないときのキャッシング

給料日までまだあと1週間もあって、お金がないときに急な出費があると、
なんとか今日中にお金を借りたいというシチュエーションもあると思います。

例えば会社の飲み会などなかなか断れないこともあると思います。

手元にお金がないときに活用できるのがキャッシングです。

会社にもよりますが、最近では即日キャッシングが可能な会社も結構あります。

あまりに便利なのでちゃんと計画性を持って利用しないとあとで痛い目にあいます。

一応、キャッシング会社も審査を行い収入に見合った融資をするはずですが、
貸してくれる金額がイコール返せる金額ではありません。

人それぞれ支出は違うからです。

お金を借りる場合は、
自分の収入から返すことができる金額をしっかり計算してはじき出すことからはじめましょう。

その上で必要最低限の借入れであれば、
返済に困ってしまうようなことはないはずです。

返済が遅れてしまうと信用情報にキズがつくことになりますので、
新たな借入れのとき思うように審査に通らないことも出てくるので注意が必要です。

キャッシングで借りれる金額ってどのくらい?

キャッシングで借りることができる金額っていくらぐらいなんでしょうか?

基本的にはそれぞれのキャッシングが設定している最高限度額を参考にすることになりますが、
キャッシング会社のなかには1000万円まで大丈夫なところもあるようです。

まぁ、よくある設定では300万円くらいだと思います。

でもこの金額はその会社での限度額なので利用者すべてではありません。

これは審査によって具体的にいくらまで大丈夫かを決定していきます。

審査の基準になっているのは、
勤務先や年収、家族構成など個人信用情報を元に判断されます。

しかもこうした審査に最近では1時間もかからない会社が増えてきました。

つまり即日で借りることもできるんです。

ちなみに限度額は一度決まったらそれで終わりというわけではなく、
利用実績に応じて基本的には増額されていきます。

 

24時間キャッシングできる?

お金が急に必要になることって、
あらかじめ予測できることではないと思います。

急な出費に対応してくれるのが24時間利用できるキャッシングです。

大手の消費者金融などではネット銀行と提携していることが多く
自宅のパソコンやスマホから24時間いつでも取り引きができてしまいます。

ネット銀行なら24時間いつでもリアルタイムで反映されるのでかなり便利です。

例えば、残高不足で引き落としに間に合わないようなときでも
すぐに振込で融資を受けることがらできるわけです。

とりあえず自分の口座に振込融資をしてもらえれば、
いつものコンビニや銀行で引き出すことも可能です。

基本的に24時間対応にするには、
ネット銀行と提携している消費者金融で申込みをして
キャッシング枠を持つことがスタートになります。

限度額がそれほど大きくなければ、
審査のハードルもそれほど高いものではないので使い勝手はかなりいいと思います。

低金利キャッシングとは?

平成22年6月に施行された改正貸金業法によって、
これまで見逃されていたグレーゾーンと呼ばれる金利が撤廃されました。

これによって消費者金融での借入れ金利は大幅に引き下げられることになりました。

つまり高い金利は違法になったわけですが、
どの程度の金利をさしているのかというと50万円以下の借入れでは最大20%となっています。

20%というと結構高いと感じる人もいるとは思いますが、
無担保・無保証人であることと短期間の借入れということを考えるとそれほど高い金利とも言えないかもしれません。

最近の消費者金融では、
優良顧客獲得のために金利の引き下げを随時行っているようです。

ここで、金利についての注意点を紹介したいと思います。

キャッシング業者の金利表示の仕方なのですが、よく○.○%~○.○%と幅のある表示をしています。

金利を比較するときに下限金利で比較すると、
こんなはずではなかったということになりますので注意してください。
金利は上限金利で比較するといいです。

この金利の幅は、貸し出し額の違いによるものです。
貸し出し額が多いほど金利は安くなります。

新規の貸し出しで高額の融資が行われることはほとんどないので、
上限金利が適用されると思ったほうが無難です。

返済を重ねて実績がついてくると、
融資額アップにともなって金利も下がってくるはずです。

さらに最近では即日で融資してくれる業者も増えていました。
ただ申し込みの時間帯によって左右されてしまうので、
その日のうちに借りたいならなるべく早く申し込みをすることをおすすめします。