総量規制対象外ならまず銀行カードローン

総量規制によって年収の3分の1の額までしか借り入れが出来ないことは、だいぶ認識されるようになりましたが、規制の対象外となるカードローンがあることは、知らない人も意外といます。

総量規制とは貸金業者が対象になる法律で、消費者金融や信販会社がそれにあたります。つまり総量規制の対象外となるのはそれ以外のところで、最近注目されている銀行カードローンが規制外となる代表みたいなものです。

銀行カードローンは総量規制対象外、金利が低い、限度額が高額、大手銀行で信用があると良いこと尽くめに思いますが、消費者金融と比べると審査に通りにくく収入の低い人や安定していない人は断られる可能性が高いです。

総量規制を気にする人は、既にどこかから借り入れのある人だと思うので、銀行カードローンで借りることが出来たらかなり魅力的なことだと思います。

あと主婦の人も収入が低いので総量規制によって、借入額がかなり制限されてしまいます。夫の同意書があれば夫婦の年収で計算されるので気にする必要も無いように思われますが、この制度を利用する人は少ないです。消費者金融側が積極的にこの制度を採用しないからです。

そういうこともあり主婦なら、総量規制対象外の銀行カードローンが一番あっているように思います。ただそうは言っても主婦が銀行カードローンの審査に通るためには夫の年収が鍵となります。

上手く融資を受けたいなら夫婦で相談して計画的に動いたほうが早いです。夫に内緒で借りたい場合に銀行カードローンを選択するのは失敗する確率が高いです。

総量規制対象外のことを知っていれば、賢い融資の受け方が分かる可能性が上がるので、一度じっくり調べてみるのも良いと思います。