キャッシング利息を低く抑えるなら銀行系ローン

キャッシングでお金を借りると、そこには利息が発生してきます。

利息というのは、元々借りたお金に付随して現れるお金で金利ともいいます。

もちろん、業者はこの金利で商売をしているのですから、

金利がつかないキャッシングはあり得ません。

しかし、払う側にたってみれば、金利はまったく不必要で、

自分で使えるお金ではないのですから、低いに越した事はないのです。

例えば、10万円をキャッシングして、年利が10%の場合と、

年利が5%の場合では、支払わないといけない金額が、

10%なら、110、000円、5%なら、105、000円と

5千円も違ってきてしまいます。

もし、利息が低い消費者金融を選ぶならば、これは銀行系カードローンを

選択するのが、賢い方法だと言えます。

銀行系のカードローン会社は、本業が消費者金融だけではないので、

そこまで高い利息を利用者から取る必要がないのです。

ただし、貸し金業系のローンに比較すると審査に時間が掛かる傾向がありますので、

そこには、注意しておく必要があります。

ですが、ホンの一時、纏まったお金を借りて直ぐに返済したいというのなら、

銀行系ローンではなくて、貸し金業系のローンをオススメします。

なぜならば、貸し金業系ローンには、30日間無利息サービスがあるからです。

30日間無利息サービスは、言葉通り、キャッシングしても、

30日以内に、全額返済してしまえば、利息は掛からないというサービスです。

これでは、儲けはないのではないか?と心配してしまいますが、

無利息サービスは、金利で儲けようというのではなくカードを造ってもらって、

将来の利用に繋げようという貸し金業系ローンの秘策なのです。

このように、キャッシングの利息を低く抑えようと考えているなら、

銀行系カードローンを活用し、借りても30日以内に返済できる自信があるなら、

貸し金業系のローンで、30日無利息サービスを活用するというのが賢い選択という事になります。