銀行カードローンはいつ保証会社に代位弁済されるの

銀行カードローンを滞納すると、保証会社が代わりに支払ってくれるのはご存知かと思います。この事を、代位弁済に移ると言います。では具体的に、この代位弁済に移るのは、延滞してすぐなのか、ある程度時間が経ってなのか、どのタイミングか答えられますでしょうか。銀行カードローンの代位弁済に移るタイミングについて解説します。

・基本は異動情報として記録されてから

代位弁済に移るタイミングは、基本的には規定信用情報機関に異動情報が記録されてから、つまり延滞から61日もしくは3ヶ月以上経ってからとされています。延滞してすぐ代位弁済に移る所はごく稀の様です。

・1ヶ月以内で移られた情報も

カードローンの説明サイトには、延滞してもすぐ移ることは無いよと断定的に書かれてますが、この情報は間違いです。カードローン規定には、延滞したらすぐに代位弁済しても文句は言えないと書かれていますので、業者によっては1ヶ月以内で代位弁済に移る所もあります。

代位弁済に移られると良く無いことばかり起こりますので、延滞しない事を基本にして下さい。