銀行カードローンをおまとめローンの代わりに使う

複数の消費者金融から借入れがある状態ならば、おまとめローンを一度は検討したことがあるでしょう。
おまとめローンへ借り換えることにより、返済日を一本化出来るだけでなく、金額次第では利息を引き下げることも可能です。
多くの消費者金融は、利息制限法で定められている法定金利上限ギリギリで貸付を行っているので、複数の借入れ合計額が100万円以上ならば、年18%ではなく年15%の法定金利におまとめローンを利用して100万円以上の利用限度額設定が得られれば可能となります。

年3%の金利差は、100万円の借入れを行っている人ならば年3万円も支払う利息に差が出ます。
しかし、貸金業法に基づくおまとめローンを利用すると、消費者金融業界の自主ルールにより、追加借入れが完済まで禁止されてしまうので、返済と同時に貯蓄をしなければ少しのトラブルで生活基盤が崩れかねません。

そこで注目されている方法として、銀行カードローンをおまとめローンの代わりとして使う方法があります。
銀行カードローンならば、既に借入れを行っている消費者金融全てを賄えるほどの利用限度額が設定されなくても、ある程度借り換えることで低金利な借り換えが可能です。
更に突発的に追加借入れが必要になった時には、カードローンの標準的な利用方法として、利用限度額の範囲内までは好きに借入れが可能です。

銀行と消費者金融のキャッシングはどのような点が違うのでしょうか

キャッシングができる金融機関は、銀行または消費者金融のいずれかになります。どちらでキャッシングをした方がいいのかは、その人の収入、あるいは正社員かアルバイトかによっても違って来ます。安定した収入があって、正社員の場合は銀行をお勧めします。

これは公務員の場合も同じです。銀行は審査基準が厳しいので、安定収入があり、正規雇用の人の方が通りやすいからです。その代わり銀行の金利は低く、最高で13パーセント程度です。銀行と比較すると、消費者金融は金利は高めで、上限が20パーセントです。

その代わり、審査基準が緩いため、アルバイトなどの非正規雇用の人でも、審査に通りやすくなっています。また消費者金融の場合は総量規制があり、年収の3分の1に当たる金額が上限になります。これは消費者金融すべてに適用されますので、たとえばA社とB社で年収の3分の1近くの金額を借りている場合、C社への新規の申込みができにくくなります。

銀行は総量規制はありませんので、上限額を気にする必要はありませんが、他からのキャッシングの件数があまり多い時は、やはり新規に申込むことができなくなることもありますので、注意しておきましょう。そして専業主婦が配偶者の名義でキャッシングを申込む時は、配偶者の同意が必要になりますので、内緒で借りる時は銀行を利用しましょう。

アコムのキャッシング審査と利用について

お盆の金融機関が止まった時期、まとまったお金が必要になった。
どうしてもお金を引き出さないといけないときにATMが動かない。その時、アコムに助けてもらった。
アコムの審査は事前にインターネットで身分証明を行う。窓口、無人契約機でも登録できるが、前もってやっておくと審査の時間が短縮できる。

審査を終わらせ、無人契約機へ向かった。
そこではオペレーターの指示を仰ぎ、30分ほどで上限額の設定、カードの発行を行ってもらう。登録をして30分ほどでお金を引き出せた。

金利についても、登録後30日については発生しない。急な用事だったため、このときは本当に助かった。

後日、借りた分を無金利で返済した。借りるまでが短時間で、急な時でも対応してもらえると言うのはなかなかに便利だと思った。

とにかく低金利でお金を借りるなら

現在銀行カードローンの融資限度額の最高は1200万円です。しかし一般人には100万円もあれば十分で、実際カードローン利用者の大半が10万円までの借入となっています。一般的に100万円までの金利は消費者金融で年18%、銀行カードローンで年15%弱となっています。そこで100万円まで借入でオススメのカードローンを紹介します。それがりそな銀行カードローンのクイックカードローンです。

クイックカードローンの基本スペックは、融資限度額が30万円~200万円の6コース、金利が年9~12.475%となっています。さらに当行口座を給与振込み口座として利用されている方は、さらに年0.5%も金利が割り引かれます。ネット銀行でもこれほど低金利のカードローンは少なく、なるべく低金利でお金を借りたい方にピッタリです。

ただしクイックカードローンに申込めるのは、当行口座をお持ちの方です。ですからお持ちでなければ同時に口座を作成しなければなりません。しかも同時に申込めるのは30万円のコースのみで、残りの5コースは口座開設の後でなければ申込めないのです。即日に口座を開設できるのは店舗窓口のみで、ネット申込なら2週間ほどかかる場合もあります。

審査は最短2時間で回答をもらえますが、利用開始できるのはカードが郵送されてからです。すでにキャッシュカードをお持ちの方はローンカードとして使えますが、利用開始の案内が来るのが4,5日後なので即日融資は不可能です。

このようにりそな銀行のクイックカードローンはお急ぎの方には不向きですが、とにかく低金利でお金を借りたい方にピッタリのカードローンです。

モビットでカードレスで契約するのが便利

一般的にキャッシングの契約後、実際にATM等でキャッシング会社から現金を受け取るためには、そのATM等で使用するためのキャッシング用のカードが必要となります。

このキャッシング用のカードを受領するためには無人契約機で受領するか、郵送で受領するしかありません。つまり、審査が無事に終わり、契約が済んだとしても、カードがないと現金を借りることは出来ないのです。無人契約機は数多くあるのが実態といえど、申込者からすると少し不便な場所にある場合もあります。しかし郵送受け取りでは時間が掛かってしまうので利用するメリットは少ないです。

そんな時に便利なのが、モビットのキャッシング契約です。モビットは、三菱東京UFJ銀行もしくは三井住友銀行の口座がある場合に限りますが、カードレス、つまりカードを受け取らない選択をすることが可能です。カードを受け取る必要がないので、無人契約機にわざわざ訪問する時間のロスを防ぐことが出来ます。カードレスの場合はカードがないことで不安に感じるかもしれませんが、借り入れの金額は自身の口座に振込みされ、返済行為もモビットへ振り込みをすることで完了できるので、カードを持たなくとも十分にキャッシングを利用することが可能です。

キャッシングの利息はいつから発生するの?

キャッシングを検討する人が気になるのは、「利子の考え方」ではないでしょうか。もちろん借金をするのですから利子が発生する、というのはもちろんのことですが、消費者金融、という言葉に対していいイメージを持っていない場合、例えば「契約しただけで法外な利息を請求される」とイメージしてる人は多いのではないでしょうか。

キャッシングを申込む際にはまず一番はじめに借入限度額を決めます。借入限度額とは、あなたは最大何万円まで借りれますよ、という取り決めです。

この借入限度額は、申込者本人の情報によって決まります。例えば人によっては、申し込んだ金額よりも上回った限度額を提示されることがあるのです。

この限度額というのは「実際に貴方が借入た金額(手にした現金の額)」とは異なります。そして実際に利息が発生するのは、お金を借り入れて現金を手にしたとき。つまり、限度額が決まっただけでは、利息には影響しません。そして契約をしただけで、実際に何も現金を手にしない場合、利息は発生しないので「借入をする権利」だけが与えられている状態です。

キャッシングの広告でよく申込だけでもしておくと便利!とうたっているのは、契約だけしておいて、いざというときに使えるようにしておくとよい、ということです。契約しているだけでは利息は発生しませんからね。

大手の消費者金融で行われる在籍確認の注意点

大手の消費者金融は20歳以上で安定した収入がある事が利用条件になっているので該当していれば雇用形態に関わらず利用する事が出来ます。しかし大手の消費者金融は審査の時に在籍確認を行うので準備しておく必要があります。そこで大手の消費者金融で行われる在籍確認の注意点を確認していきましょう。

・派遣が利用する時は派遣会社に電話がかかってくる

大手の消費者金融の在籍確認の方法は基本的に勤務先に電話をかけて在籍確認をします。正社員やアルバイトは勤務先に電話がかかってきますが、派遣は所属しているのが勤務先ではなく派遣会社なので電話も派遣会社にかかってきます。派遣が大手の消費者金融を利用する時は在籍確認の電話が派遣会社にかかってくる事をしっかり頭に入れておきましょう。

・土日祝日に即日融資を受ける時は業者に相談した方がいい

大手の消費者金融は土日祝日でも申し込む事が出来ますが、勤務先が休みなので在籍確認の電話をかけても誰も出ません。それにより在籍確認が出来ないので即日融資を受ける事が出来ません。土日祝日に即日融資を受ける時は在籍確認の方法を業者に相談して違う方法でしてもらう必要があります。

大手の消費者金融で行われる在籍確認の注意点はこのようにあるのでしっかり頭に入れておきましょう。

土日祝日に即日融資を受けるために必要なもの

キャッシングをする時に土日祝日で申し込んで対応できる金融機関と対応できない金融機関があります。この差はいったいなんでしょうか。

中心に挙げられるのは、自動契約機の存在です。自動契約機がある金融機関は、自動契約機でキャッシングカードを発行することによって、土日祝日でも即日でキャッシングカードを得る事ができ融資を受けられます。銀行カードローンでは三菱東京UFJ、三井住友銀行、大手消費者金融が即日融資に対応しています。

しかしながら、契約機は全国どこでも配備すると大変なコストになってしまいますので、全ての銀行が配備できているわけではありません。そんな契約機が無い銀行でも休日即日融資に対応しているところがあります。それは銀行振り込みでの融資を即時にやってくれるサービスを持っている金融機関です。

金融機関は土日・祝日は休んでいますから、例えばA銀行の銀行カードローンに申し込み、B銀行の口座に振り込んでくださいと言っても、B銀行が閉まっていれば送金不能です。そんな中、銀行独自の即時サービスでA銀行の銀行口座には土日であっても振り込むことができますので、休日即日融資が欲しい時にはこのようなサービスを行っている金融機関を探す必要があります。

楽天銀行や三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行はこのような即時決済が可能な銀行カードローンですので、普通預金口座を持っている人は休日即時融資を受ける事が可能でしょう。

それ以外の銀行はカードが郵送であるならば即日融資は難しいので、今一度考えなおすといいでしょう。

大手消費者金融4社の金利と利用限度額比較

大手消費者金融として多くの人に利用されている便利なフリーローンサービスを提供している会社がアイフルを・アコム・プロミス・モビットの4大消費者金融となります。各社の代表的なフリーローンの金利と利用限度額にはどのような特徴があるのかなどについて見ていきましょう。

・アイフルのキャッシングローン

金利は年4.5%?18.0%で、利用限度額は最高で500万円までとなっています。

・アコムのカードローン

金利は年3.0%?18.0%で、利用限度額は最高で800万円までとなっています。

・プロミスのフリーキャッシング

金利は年4.5%?17.8%で、利用限度額は最高で500万円までとなっています。

・モビットのキャッシング

金利は年3.0%?18.0%で、利用限度額は最高で800万までとなっています。

こうしてみてみると、最低金利と利用限度額の高さはアコムとモビットに優位性があり、最高金利はプロミスに優位性があることがわかります。

またアイフル・アコムプロミスでは初めて利用者を対象として、30日間無利息でキャッシングができるサービスを実施していますし、モビットはweb完結申込で契約することで会社への在籍確認の電話をなくして契約ができるという特徴があります。

各社の違いをよく理解して、適切なキャッシングをしたいですね。

銀行カードローンはいつ保証会社に代位弁済されるの

銀行カードローンを滞納すると、保証会社が代わりに支払ってくれるのはご存知かと思います。この事を、代位弁済に移ると言います。では具体的に、この代位弁済に移るのは、延滞してすぐなのか、ある程度時間が経ってなのか、どのタイミングか答えられますでしょうか。銀行カードローンの代位弁済に移るタイミングについて解説します。

・基本は異動情報として記録されてから

代位弁済に移るタイミングは、基本的には規定信用情報機関に異動情報が記録されてから、つまり延滞から61日もしくは3ヶ月以上経ってからとされています。延滞してすぐ代位弁済に移る所はごく稀の様です。

・1ヶ月以内で移られた情報も

カードローンの説明サイトには、延滞してもすぐ移ることは無いよと断定的に書かれてますが、この情報は間違いです。カードローン規定には、延滞したらすぐに代位弁済しても文句は言えないと書かれていますので、業者によっては1ヶ月以内で代位弁済に移る所もあります。

代位弁済に移られると良く無いことばかり起こりますので、延滞しない事を基本にして下さい。